08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










リヒャルト・シュトラウス 『四つの最後の歌』 より 「眠りにつくとき」

こんばんは。

今日もご訪問してくださり、ありがとうございます。


今日は、気分的に合っているかもと感じた曲を紹介してみます。


リヒャルト・シュトラウス の 

    『四つの最後の歌(Vier letzte Lieder)』より 

            「眠りにつくとき(Beim Schlafengehen)」



決して、今が自分の人生最期だなんて、思っていませんけどね、

でも、

自分の限界に達してしまい、これ以上は何も望めないという感覚。

そんな妙な感じがしているのは、間違いなく、

今の私の状況は、

この曲の歌詞と似通っているかもしれないと思えてきたのです。


↓ この曲の歌詞は、こちら。 
    ヘルマン・ヘッセの詩です。

 眠りにつくとき(Beim Schlafengehen )

  Nun der Tag mich müd' gemacht,
 soll mein sehnliches Verlangen
 freundlich die gestirnte Nacht
 wie ein müdes Kind empfangen.

  Hände, laßt von allem Tun,
 Stirn, vergiß du alles Denken,
 alle meine Sinne nun
 Wollen sich in Schlummer senken.

  Und die Seele unbewacht,
  Will in freien Flügen schweben,
 Um im Zauberkreis der Nacht
 tief und tausendfach zu leben.

  今は一日に疲れてしまった
  私の熱い望みもすべて
  喜んで星夜に屈しよう
  疲れた子供のように

  手よ、すべてをそのままにせよ
  額よ、すべての想いを忘れよ
  私のすべての感覚が今は
  眠りに沈むことを望んでいる
  
  そして、解き放たれた魂は
  自由に飛び回りたがっている
  夜の魔法の世界の中へ
  深くそして千倍生きるために
  
          ~ Wikipedia より 抜粋 ~


私の場合、

単に、疲れ切っていて、

休みたいと願っているだけ・・・ですけどね。

でも、

一所懸命生きて、それで、疲れて果ててしまうと、

こんな感覚に陥ってしまうものだという感じがしてます。

その求めた安らぎが、「死」では困りますけどね。

でも、

人は、限界に達すると、それを感じてしまう・・・

そうなってしまったら、

安らぎを求めて、癒される音楽でも、聴く・・・


何もしないで、ただ、休む・・・


そうすること、大事かもしれないですね。

何かにとらわれて、苦しくなっているときは、

そのとらわれているものを、取り除く。

もしかしたら、自分で自分をしばりつけているのかもしれない。

誰かにそうさせられている・・・

と、いうように見えて、

実は、しばりつけているのは「自分」かもしれない。

自分で自分を楽にしてあげること、大事かもしれません。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ グンドゥラ・ヤノヴィッツの歌で
Gundula Janowitz sings Beim Schlafengehen, Richard Strauss

↓ キリ・テ・カナワの歌声で
Dame Kiri Te Kanawa sings "Beim Schlafengehen" - Vier Letzte Lieder - Richard Strauss

↓ ジェシー・ノーマンの歌声で
Jessye Norman - Strauss - Beim Schlafengehen

↓  エリーザベト・シュヴァルツコップの歌声で
Strauss : Beim Schlafengehen ( from : Last Songs) - Elisabeth Schwarzkopf / Szell*

↓ リーザ・デラ・カーザの歌声で
Lisa della Casa sings Strauss "Beim Schlafengehen"

↓ キルステン(キルスティン)・フラグスタートの歌声で
Kirsten Flagstad "Beim Schlafengehen" R. Strauss 1950


R.シュトラウス:4つの最後の歌、他



↓ この曲の世界初演時のライヴ録音つきらしい・・・

フィルハーモニア管、ライヴ1950















実は・・・、

この曲を紹介するにあたって、

『四つの最後の歌(Vier letzte Lieder)』の曲のうち、

「夕映えの中で」のほうが、聴いていて、

より、しっくりと気分に合っていました。

でも、

歌詞を見ると、う~ん(~_~;)と、考えてしまいましたよ。

今の自分の状況を、見直さなくては・・・と思いました。

この曲のように、眠りにつく。

しっかりと、休まなくてはね・・・

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。