08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ケンカをしないで育つと・・・?

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


ちょっと思ったことを書いてみます。


今の子どもたち。

そして、子どもだけではなく、

今、大人になって働くようになった若い大人たちも。

はっきりといつからかは、わかりませんけど、


小さなうちから、ケンカをしない。


私が子どものころは、

口ケンカも、叩き合いのようなケンカもありました。

自分の感情を抑えることなく、我慢することなく、

相手が許せない!と思ったら、それを表現していました。


今・・・、

それをする子どもも、若い大人もほとんどいない・・・


それは、社会がそうであるように、と求めた結果であるのかな?


小さいうちから、自分の感情を表に出さないように、

小さいうちから、我慢しなさい!と、

小さいころから、求められる要求が高く、

それを求められるがまま、成長をしてきた。


・・・、その結果?


大人になって、どうなったかといいますと、

今度は、

もう我慢しきれなくなり、我慢ができなくなってしまった?


今の若い大人たちは、我慢できない人ではなく、

我慢し続けて、自分の感情を抑えて育ったことで、

もうこれ以上、できないよ・・・と、ギブアップをし、

そうなってしまった・・・


耐えきれない・・・


そんな状態にまで、追い詰められてしまうと、

人は、苦しい。

もうできないよ、と心が悲鳴をあげるわけですね。


こんな社会。

一体、いつから・・・なのかしら?


むか~し、昔のことは知りませんけど、

私が子どものころは、

ケンカはよくありましたし、言い合いもよくありました。

だから、それよりも、もっと後からだと思うのですけどね。


「みんな、仲良くやっていきましょう~。」


こんな言葉、今の学校の先生方は言います。

ちょっとしたトラブルも、

子どもどうしで、すぐに、ごめんなさいと言わせ、

とことん、話し合うというよりも、

その場限りで、終わらせてしまおうとしてしまう。

少なくとも、うちの子どもたちの小学校は、そうでしたね。


いつも仲良く、トラブルなし・・・


これを一番、求めているのは、

もしかしたら、先生ではないか?と以前、思ったことがあります。

もちろん、その背景には、親が存在しますけど。


子どもどうしのトラブルは、よくあることだと思いますけど、

先生は、簡単に話を聞くだけで、その場ですぐに仲直りをさせる。

これをされて、うちの下の子は、かなり怒っていましたが・・・

自分はまったく悪くないのに、どっちもどっちと、

お互いがあやまるということをさせられた・・・とね。


ケンカを途中でやめさせて、話しあいもなく、

それで、おしまい・・・

となってしまえば、

子どもは不満をもつことになり、我慢させられることになります。


どうせ、何を言っても無駄なんだ・・・


と、あきらめ、自分の感情を殺し、我慢する?


もしかしたら、今の世の中、

これと同じように、

若い人ほど、あきらめムードなのは、これが原因だったりして?


何を言ったって、無駄なんだよ・・・


そういうことなのかな?


それにしても、いつから、ケンカはとめず、

気がすむまで、やりなさい?

ということにならなくなってしまったのかな?

最低のルールを守れなくなってしまったからかな?

ケンカとは、こういうもの・・・

そんなものを、私が小さいときは、

近所のお兄さん方が、ルールを教えていたような・・・?

やってはいけないこと、ここまでは、やってもいい?

そんなもの。

これは、大人が教えるというよりも、

近所の年上の子どもが教えていた・・・


と、考えると、

近所の子どもが年齢関係なく、遊んでいたころ。

放課後に、塾や習い事がなく、

暇で、どこか歩けば、遊ぶ相手がすぐに見つかったころ。

そんな時代までのことで、

放課後に塾や習い事で必死になり、

お友達と遊べなくなってしまった時代の子どもたちが、

ケンカをすることなく、大人になってしまって、

我慢し続けたことで、我慢しきれなくなり、

生きにくくなってしまったのかもしれない・・・


小さいうちのケンカ・・・


これって、成長するうえで、とても大事なことかもしれない。

幼稚園に入園する前の子どもたち。

公園などで、ちょっとしたトラブルがあると、

すぐに、親が介入し、「ごめんなさい」を言わせる。

もしかしたら、これも、

その子どもの話をよく聞かずに言わせているので、

子どもには、我慢させているのではないか?

この親の言わせる、「ごめんなさい」。

公園では、よく見かけます。

子どもに言わせないと、

ママ様方が、今度はママ友として、うまくやっていけない?

そんなものもあるからでしょう・・・

ケンカを避けて育った若いママ様方。

当然、子どもにも、そうさせるわけですから、

どうしようもないかもしれません。


・・・、となると、

この先、どうなっていくのでしょう???

ちょっと不安になってきました。

たくましい人間は、育たず? 日本の未来は、どうなる???

心配だわ~。










Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。