05
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


シューマン 飛翔「Aufschwung」Op.12-2

こんにちは。

今日は、発表会向きと思える曲を紹介しておきます。

このブログは、

発表会向けの曲探しに来られる方が

今も多いです。


シューマン の 

『幻想小曲集』 より  「飛翔(Aufschwung)」 Op.12-2



よく子どもの発表会で聴きます。

どこの教室でも、弾く人がいるのではないかと思える程、

何度か聴きました。

私もむか〜し、

先生に、どうか?とすすめられた曲です。

3、4分くらいの時間で弾き終えることができるし、

教える側にとっても、

ちょうどいい長さの曲であったのでしょう。

私は、この曲をどうしても好きになれず、

拒否しましたが・・・

シューマンの性質(性格)が、

くっきりと浮かび上がった感じがあり、

それが好きになれなかったのです。

でも、それが、

聴く人を惹きつけるものとなるので、

発表会向きであると言えるかもしれません。


シューマンの二面性を感じ、

なんか落ち着かず、せわしなく動き回っているようで、

弾いていると心臓がバクバクしてきます。

まあ、私だけかもしれませんが。


女性が弾くにはきついところもあり、

聴いていても男性向きかなあと

思うこともあります。

女性の場合、

叩いて激しく弾こうとする人がいます。

うまく言えないけれど、

ガンガン音をならしているように聴こえるというのか・・・

音は手が届いて鳴ればいいというものではないので、

手が小さい人には難しいかもしれません。

「あなた、手が大きい方だから、

いいわよ、この曲」

と言われたくらいですからねえ、

手の大きさも大事ですか?

小さなお子さんの場合は、

背伸びしないで、

無理に弾くことはしなくてもいいのでは?


でも、技術的には、

弾けるレベルに達したら、

チャレンジという意味もこめて、

若いうちに弾いてみるべき曲かも

しれません。

若いからこそ、

この曲の持つ、情熱的な部分を

表現できるのではないかしら?

私くらいの年になると、

これを表現するにが逆に難しいのですから。

特に男の子。ぜひ弾いてほしいです。

一度だけ、

中学生か高校生くらいの男の子が

弾いたのを聴いたことがありますが、

やっぱりこの曲は男性が弾くべきだと

思ったものです。

違いは、どこからくるのでしょう?

不思議ですけど、

男と女の違いが音に出るのですよ。

もしかしたら、

やっぱり手の大きさが大きく影響しているのかも。

女性の場合は、手の大きい人向きなのかも。

発表会では、

向かない曲は弾くべきではない、

そう思います。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ルーヴィンシュタイン (CMつきです。)
.Rubinstein plays Schumann Fantasiestücke, Op. 12, "Aufschwung" .

↓マルタ・アルゲリッチ (CMつきです。)
Robert Schumann (1810-1856) Fantasiestücke Op.12 - 2. Aufschwung Live

↓ スタニスラフ・ブーニン(0分16秒ごろから)
Schumann Fantasiestücke, Op. 12 Aufschwung.mp4









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示