04
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










どこまで考えて、批判をしていますか?

こんばんは。

今日、3つ目の記事になります。


ちょっと気になることがあるので、書いてみます・・・


あまり、政治のことを書きたくはないのですけどね、

どうしても気になるので、書きますよ。


誰かをあれこれと批判をされる。

これは、決して悪いことではないと思いますけどね、

批判で、その相手の周りにいる人までにも影響を与えるようになること。

これは、問題ではないかな?と思うのです。


よくわかりませんけど、

今回の話題になっている、

橋下氏の場合、

なんとなく、一番身近な家族は、すでに犠牲になっているのではないか?

そんな気がするのです。

妻だけではなく、小さなお子さんまで?

怖いことですよ。

このことは、どうなっているのか?

とっても気になります。


今の日本、徹底的に批判をする傾向にあります。

その家族は、当然同じように?

これは、日本の昔からある、連帯責任?といったものが、

影響しているのかどうかは、わかりませんけど。


もし、すでに影響を受けているとしたら、

家族崩壊、

子どもは学校に行けなくなりますし、

もし、どこか逃げ場を作って、違う土地で暮らしたとしても、

そこで、すぐに誰であるのか知れ渡り、

暮らしていくのは、難しくなるでしょうね。

今は、情報が伝わるのが、速いですからね・・・


子どもの将来は、どうなってしまうのか・・・?

考えただけでも、恐ろしい。


批判。 


これは、どこまでしたらいいのか?

批判をする言葉にも、十分気をつけるべきである。

そう思いますけど・・・

いろいろと読んでみたら、

そんな気遣いは、ない・・・かしら?

批判は、徹底的に?


これも、ある種のイジメではないの?

ネットというものが普及し、より、批判をしやすくなりました。

しかも、簡単にね。

そこが、本当に怖いと思います。


ブロガーさん方も、

批判だけではなく、

是非、ご家族のことを心配されることを書いてください。

たくさんの方がそれを書くことで、

ご家族の方々が、暮らしやすくなるかもしれません。

お願いします・・・



・・・それにしても、


「 そりゃそうですよ、
  あれだけ銃弾の雨嵐のごとく飛び交う中で、
  命かけてそこを走っていくときに、
  そりゃ精神的に高ぶっている集団、
  やっぱりどこかで休息じゃないけども、
  そういうことをさせてあげようと思ったら、
  慰安婦制度ってのは必要だということは誰だってわかるわけです。」

という発言。

橋下氏、男の本質?を言われましたね。

命がけで生きている危機迫った状況での男の心理。


この続きを読まれる方は、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・













この男の心理。

これは、心理というより、本能でしょうね・・・


人間としての、種の保存。


これをただの性欲ととらえると、違った意味になりますが、

たぶん、橋下氏の言いたいのは、人間の本能の方でしょう。


私は、女として、

道具扱いされること、絶対に嫌ですし、

女の立場として、容認することを許せるものではないです。

慰安婦にしても、風俗業にしても。

絶対になくしてほしい。


では、

この男の本能。 

命がけで戦う男集団に対し、

どう対処すると一番いいのでしょうか?


これだけ技術が発達しているのであれば、

生身の女ではなく、

ロボット(アンドロイド)はできないの?

なんて、考えますけど。


・・・、男はね、

この欲求。 

我慢し続けること、女が考えているよりも、

ずっとずっと大変な苦痛を味わっている・・・

そう感じます。

女は、疲れはてていたら、体を休めたい。

より長く生きることを考えますか? これも本能かな?

でも、男は違う。

体を休めるだけでは、ダメなのですよ。

先に述べたように、

疲れ果てているときほどね、

もうダメだ・・・と感じるほどであるほど、

本能が働くのでしょうねえ・・・

この感覚の違いで、すれ違う夫婦もありますか?

男というもの、理解しないとね、

夫婦関係にも、影響するでしょうね・・・

浮気。 これも、それが原因になり得ると思います。

この感覚の違い・・・

厄介です。


・・・ああ、どうでもいいことを書いてしまいましたね。


ここまで、読まれた方々、

どうもありがとうございました! (^_^)

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。