10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


パルムグレン 五月の夜 Op.27 No.4

おはようございます。

先日の記事に続き、今日も「五月の夜」を紹介しますね・・・


セリム・パルムグレン の 「春」 より 五月の夜


日本と違い、この作曲家の国である、

フィンランドでは

五月の夜は、肌寒さを感じるのでしょうか・・・?

音に冷たさを感じます。


この曲は、「春」という曲集の中の一曲です。

   1. 前奏曲 Prelude
   2. 打ち捨てられた者の歌 Song of the deserted
   3. とんぼ Sudenkorent
   4. 五月の夜 Kevatyo May night
   5. 舞曲ー間奏曲 Dance-intermezzo
   6. 舟歌 Barcarolle
   7. 終奏曲 Postlude


なんとな~く、この曲は一人でいるような感じがします。

考え事をしていたけれど、だんだんとぼんやりとしていったかのよう。

無気力。 

力もなく、さまよう・・・

何かが見えていても、何かが聞こえていても、何かを感じていても、

それが何かがわからなくなってしまって、

でも、それが何であるのかも、考えようとする力もなく、

ただ、ぼんやりとして、そこにいる・・・

そんな感じがしてきます。


一日のお仕事終えた後、こんな感じになることもあります。

脱力感・・・

今の私はそんな感じかな?

すいません、自分の心境を書いていますね。

日本では五月病というものがありますけど、

この時期は、そんな感じになりやすいかもしれませんね・・・

この程度が、どんどんひどくなると、大変です。

気をつけないと・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ミヒャエル・クルッカーの演奏で
.Michael Krücker spielt / plays Selim Palmgren: "May night op. 27 Nr. 4, E-Dur" .

↓ アレクサンダー・ライチェフの演奏で(CMつきです)
Selim Palmgren & Johann Sebastian Bach: Toukokuu, Op. 27, No. 4: Kevatyo May night


↓ 舘野泉さんのCD

フィンランド名曲コレクション




~~~ 関連記事 ~~~

ファニ―・ヘンゼル=メンデルスゾーン の 「五月の夜」









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示