07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ハイドン ピアノ・ソナタ ハ長調 Hob.16-35  第1楽章

おはようございます。

今日は、いろいろと悩んでいました。

曲候補がいろいろとあり、それらの準備をしていましたけど、

どれも、いまいちピンとこない・・・

そんなとき、紹介する気にならないので、困りますね。

そんな、決断がはっきりできないとき、

後ろから後押しをしてくれたのが、

今日、紹介する曲。


フランツ・ヨーゼフ・ハイドン の ピアノ・ソナタ 第35番
 
                    ハ長調 Hob.16-35 第1楽章



ハイドンといえば、

交響曲の父と言われるほど、有名なお方ですけど、

実は、これまで一度も紹介していない作曲家なのです。

残念ながら、他の方々のように、

ハイドンに対して、それほど熱意(愛情?)がないのかな・・・?。

でも、

子どものころ、ピアノソナタをいくつか弾きました。

結構、好きだったかも。

今日紹介するソナタは、そのうちの1曲。

ソナタアルバム1で弾かれた方も多いのではないでしょうか?


この曲の最初の第1楽章は、

明るく、元気よく、ぐいぐいと前に進むような勢いがあって、

弾いていて、楽しいなあ~と感じる曲です。

左手の3連符が、また、好きでした。

弾いていると、無心になってくるのです。

それが、とってもいい。

気持ちを集中しやすい曲でしたね・・・


ピアノの発表会では、

こちらの第35番より、

第34番ホ短調Hob. XVI‐34の第1楽章を弾かれる方が

多かったですけどね。

ハイドンは、

短調のソナタが少ないですし、かえってそれが好まれるのかな?


第35番は、弾いていて、明るく前向きになれるような曲。

私にとって、この曲は、そんな曲かな・・・?


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ こちらは、スヴャトスラフ・リヒテルの演奏で

こちらは、第1楽章
Sviatoslav Richter plays Haydn Sonata in c major Hob XVI n. 35 (I) .
こちらは、第2楽章(CMつき)
.Sviatoslav Richter plays Haydn Piano Sonata in c major Hob XVI n.35 (II) .
こちらは、第3楽章
.Sviatoslav Richter plays Haydn Piano Sonata in c major Hob XVI n.35 (III) .

↓ シプリアン・カツァリスの演奏で
Katsaris plays Haydn Sonata No. 48 in C major, Hob. 16/35


↓ こちらは、カトリーヌ・コラールの演奏で
* 大変申し訳ございませんが、この動画は、
   観られなくなりました。 < 2015.8.27 >


こちらは、第1楽章
Haydn - (1992 )- Catherine Collard SONATE Hob. XVI-35 - Allegro con brio 01 .
こちらは、第2楽章
.Haydn - (1992 )- Catherine Collard SONATE Hob. XVI-35 - adagio 02 .
こちらは、第3楽章
Haydn - (1992 )- Catherine Collard SONATE Hob. XVI-35 - 03 .

ハイドン:ピアノソナタ全集












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示