07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


コレッリ 「ラ・フォリア」

こんにちは。

だいぶ前に・・・、

ヴィヴァルディ の トリオ・ソナタ 『ラ・フォリア』 Op.1-12 RV.63

紹介しました。

今日は、別の作曲家の「ラ・フォリア」を紹介します。


アルカンジェロ・コレッリ(コレルリ) の 

 『ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ』作品5 12曲目 「ラ・フォリア」



すでに紹介していたとばかり、思っていました。

(記事の整理をしていて、まだだったと気づいて取り上げることに・・・)

この曲、演奏しだいでは、かなり印象が違って聴こえるかもしれない。

聴き手しだいでも、違うかもしれないです。


激しく騒がしく忙しく音がなっていて、狂っているかのように聴こえたり、

ずっしりと重々しく響いてきて、考え込んでしまった人のように深刻に感じたり、

と、

さらっと聴き流せるような感じもしていますけど、

真剣に聴こうとすると、さらっと流せない。

でも、真剣に聴いても、

不思議と、こうだという感想が出てこない曲なのです。

聴いて聴き手がイメージするものが曲にはなく、

音が演奏家によって作り出された世界がただ聴こえてくる?

そんな曲かな?

だから、これは、

演奏家の音を聴き比べをするには、いい曲なのかもしれない。

・・・でもまあ、真剣に聴かないで、リラックスして音を流して聴く。

これが、一番いいですね。


意識を休日モードから、元のお仕事モードへと切り替えをするとき、

この曲を聴くと、意識をできそうな感じもありますね。

明日から・・・という日に?

私は、明日から、お仕事。

そういう気分に切り替えなくては・・・

・・・、ああ、なぜか眠くなってきましたよ。

気合を入れるなら、
↓ こちらの
ヴィヴァルディ ラ・フォリアのほうがいいかも・・・?


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ヘンリク・シェリングのヴァイオリンで(CMつきです)
Henryk Szeryng plays Corelli's "La Folia" Sonata

↓ ジョルジェ・エネスクのヴァイオリンで
George Enescu plays Corelli Sonata

↓ ナタン・ミルシテインのヴァイオリンで
Milstein Plays Corelli's La Folia Variations

↓ 寺神戸 亮さんのバロック・ヴァイオリンで
 * 大変申し訳ないのですが、
   こちらの動画は観られなくなりました。

コレッリ「ソナタop.5-12〈ラ・フォリア〉」寺神戸(vn)他


↓ アンドルー・マンゼのCD(DISC2枚目の23番目)

Corelli:Violin Sonatas, Op.5



↓  ナタン・ミルシテインのヴァイオリン、
    Leon Pommers のピアノのMP3
    (8曲目になります。)

Tartini, Vivaldi, Corelli & Geminiani: Sonates pour violon (Stereo Version)



↓ こちらは、寺神戸亮さんのMP3

コレッリ:ラ・フォリア ~ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集 作品5より 第12番



~ 関連記事 ~

・ ジェミニアーニ 「ラ・フォリア」









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示