06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


チャイコフスキー 憂鬱なセレナード Op.26

こんばんは。

今日は、ちょっと聴いていると、

なんだか気分がズシンと重くなったような、妙な感じがしてくるものの、

それでも、なぜか、耳を傾けてしまう、そんな曲を紹介します。


チャイコフスキー の 憂鬱なセレナード 作品26


憂鬱(メランコリー)


聴いていると、本当にそんな気分になってしまいそうです。

ちょっとしたことをするのも、面倒に感じたり、

ちょっとしたことで、一喜一憂して気分が変わりやすかったり、

深く考えすぎて、気にし過ぎて、落ち込んだり、眠れなくなったり、

食欲がなくなって、食べられなくなったり、力が出なかったり、

まあ、私の場合、いろいろとあります。

普段、何事も一生懸命やっていますが、

いつもいつもそうでいられるわけでもなく、結局は、疲れるのでしょうね。

気持ちが不安定になって、憂鬱になってしまいます。

心が暗く沈んでしまい、しばらくそのまま。

気が晴れず、一人でいたくなる。


この曲は、そんな感じがよく出ているなあ~と思います。

共感できるのです。


チャイコフスキーも

何か思うことあったのでしょうか?

何か悩むことがあったのでしょうか?

このチャイコフスキーという方、

自分の感情を思いっきりそのまま音に出す方なのかな?

感情をおさえることなく、思ったまま。

この曲には、激しさもある。

憂鬱な曲って、

沈んでいるような、静かに揺れているような曲

と、いうイメージがありますけど、この曲は、違うかな?

憂鬱(メランコリー)と一言で言っても、

人(作曲家)それぞれだなあ・・・と曲を聴いて感じます。


曲には、作曲家の性格がでるのかな・・・?とよく思います。

ついでに言うなら、性質も。

この方、鬱・・・タイプであったのではないか?

この曲が、なんかそういう気分でいると見事に合う感じがするので、

そう思えるのですよ。

この曲、鬱気味だという人が聴くと、どうなるでしょう?

やっぱり聴きやすい、でしょうか?

私は、時々、鬱ではないか?と自分を思いますけど、

( そうではない、と言われてしまいますが)

この曲は、聴きやすい。

あまりチャイコフスキーの曲を好んで聴かないので、

余計に、そう感じます。

何回聴いても、嫌ではないですね。彼の曲では、珍しい曲かも。


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ こちらは、イツァーク・パールマンのヴァイオリン。(CMあり)
.Tchaikovsky - Serenade Melancolique .

↓ こちらは、ヤッシャ・ハイフェッツのヴァイオリン(CMあり)
Tchaikovsky: Serenade Melancolique (Heifetz, violin)

↓ ダヴィッド・オイストラフのヴァイオリン
 * 動画を入れ替えしました。<2015.12.25>
David Oistrakh, Violin. Improved Audio: Tchaikovsky Serenade Melancolique op 26

↓ レオニード・コーガンのヴァイオリン(CMつきです。)
 * 動画を入れ替えしました。<2015.12.25>
Leonid Kogan - Tchaikovsky - Sérénade mélancolique, Op 26

↓ ユーディ・メニューインのヴァイオリン(CMあり)
* 大変申し訳ございませんが、
  この動画は観られなくなりました。< 2015.12.25 >

Tchaikovsky Serenade Melancolique,Op.26 - Yehudi Menuhin (rare)

↓ アイザック・スターンのヴァイオリン
* 大変申し訳ございませんが、
  この動画は観られなくなりました。< 2015.12.25 >

Tchaikovsky Serenade Melancolique Op.26-Isaac Stern

↓ アルテュール・グリュミオーのヴァイオリン
* 大変申し訳ございませんが、
  この動画は観られなくなりました。< 2015.12.25 >

Tchaikovsky Serenade Melancolique,Op.26-Arthur Grumiaux


~~~ こちらは、過去の記事。 ~~~

↓ もしよかったら、違いを感じてみてください。

プーランク メランコリー

こちらを聴くと、チャイコフスキーは、

鬱状態が、重症かも・・・なんて、思えます。

プーランクの軽い憂鬱とは違い、

チャイコフスキーの方は、重い憂鬱感が漂ってきませんか?


↓ ヤッシャ・ハイフェッツのMP3

Rozsa / Spohr: Violin Concertos / Tchaikovsky: Serenade Melancolique (Heifetz) (1954-56)



↓ イツァーク・パールマンのMP3

Violin Concerto, Op.35 (1985 - Remaster): II. Canzonetta (Andante)



↓ アルテュール・グリュミオーのCD

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、憂鬱なセレナード












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示