10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


フォーレ パヴァーヌ 

おはようございます。


今日は、


フォーレ の パヴァーヌ(Pavane)作品50


を紹介します。


この曲を聴くと、ずっと違和感を感じ、馴染めない。

ず~っと、そう感じていました。

だから、最後まで聴きたいと思えなかった曲。


とても美しい曲だ・・・


そんな感想をする方が多いと思いますけど、

なぜかずっとそう思えない曲。

私の中で、長い間、

モヤモヤとした感じがあり、聴きたいと思わなかった曲でした。


それが、曲探しをしていて、

フォーレ自身のピアノ演奏を聴いて、驚きました。

最後まで、ちゃんと聴けるのですよ・・・

フォーレ自身の音は、他とは全く違って聴こえるのです。


これって、私だけなのかしら?


私の耳がおかしいのか?

それは、わかりませんけど、

この曲のメロディーと、演奏がマッチして聴こえるのが、

唯一、フォーレ自身の演奏なのです。

他の演奏は、

なぜか、違うものを表現しているかのような妙な感じ。

本当に、不思議な感じがするのです。


何が違うのか、これを言葉にするのは、難しい。

フォーレの音と、他の演奏と比べてみると、どう違うのか・・・

簡単に一言で言うのであれば、

美しさを際立てようとでもしているかのように、奏している?

フォーレの音には、何か伝えたい強い意志があるかのよう・・・


みなさんは、どう感じるのでしょうね?


もしよかったら、聴き比べてみてください。


↓ フォーレ自身の演奏で(CMつきかもしれませんが・・・)
Fauré plays Fauré Pavane, op 50 .

↓ こちらも自演のもの
Faure plays Faure

↓ こちらは、オーケストラ(合唱つき)
.Faure - Pavane Op. 50 (Choral version) .


↓ 小澤征爾さん指揮の演奏の収録されたCD

フォーレ:レクイエム



↓ こちらは、フォーレ自演のピアノのMP3
   6曲目になります。

Creators - Composers Playing Their Own Works at the Piano, Vol. 3



↓ トーマス・ビーチャム指揮、
  フランス国立放送管弦楽団(フランス国立管弦楽団)のCD,MP3
   (MP3は、8曲目になります。)

Symphony in D Minor / Symphony in G Minor / Pavane












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示