11
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ワーグナー ジークフリート牧歌

おはようございます。

今日も休日ですし、和やかなイメージがする曲を紹介しようかと思います。


リヒャルト・ワーグナー の ジークフリート牧歌


一家団欒。

どこのご家庭も、そうであればいいですね。

安心できる家族。

どこのご家庭も、そうであればいいですね。


真実の愛。


ワーグナーは、これを求め続けた方なのかな・・・?

恋をして、

その相手をどんなに愛していても、どんなに愛し合ったとしても、

それがいつまでも続くとは、限らない。

何かちょっとしたことがきっかけで、うまくいかなくなることもある。

そうなると、

今度は、さらに、自分の心を満たしてくれる相手を求めるかもしれない。


愛。


なんとなく、思うのですけど、

小さいときから、

両親が不和だったり、

愛情が満たされなかったり、

自分を認められないでいたり、

寂しい思いをしていたりする人は、

愛に飢えている?

そんな感じがするのです。

(ワーグナーがどういう育ちであったのかは、私は知りませんが。)


早くから愛で満たされ続けていたら、

探し求めることはなかったかもしれないけれど、

自分を真に愛し続けてくれる相手を

自分の心を支え続けられる相手を

いつまでも探し続ける。

源氏物語の光源氏のように?

ワーグナーは、そんな人だったのかな?と曲を聴いて思うことがあります。

自分が愛するように、同じように愛してほしい?

自分が求めるような愛を、同じように相手にも求める?

そんな感じもしますね・・・


そういう人は、情熱的?


そんな男性から、アプローチをされたら、女性は魅かれますか?

ワーグナーの音楽には、

女性をうっとりとさせるものがあるような感じもします。

男性としても、そんな魅力もあったのではないか?

なんてね・・・、思えてもきます。

( 私好みではないですけどね。)

でも・・・、

ワーグナー自身の心を本当に満たせてくれる女性は、

数少なかったかもしれない。

だからこそ、いろいろと曲がうまれたのかも・・・?

( 何度も書いてますが、

  このブログは、曲を聴いて感じたものをもとにした考えです。
  
  実際は、どうかは、知りません・・・

  専門家の方々にはまったく違う!と言われるかもしれませんね。

  素人だから、好きに書いている・・・と思ってください。 )


今回紹介する、「ジークフリート牧歌」は、

そのワーグナーの心が満たされ、妻、家族に対して、

深い愛情を注いでいるのが、感じられるかもしれませんね。

私は、ワーグナーの音楽は好きではないのですけど、

この曲は、いいなあ~と思えてきます。

ちょっと安心・・・できるかな?

温かい気持ちが感じられますか?

そんな感じがしてくる家族・・・

いいですね~。(*^_^*)


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ハンス・クナッパーツブッシュの指揮で
Hans Knappertsbusch "Siegfried Idyll" Wagner

↓ ヴィルヘルム・フルトヴェングラーの指揮の演奏で
Wilhelm Furtwängler "Siegfried-Idyll" Wagner

↓ フェリックス・ワインガルトナー指揮で
Felix Weingartner - Wagner - Siegfried Idyll


ジークフリート牧歌/ワーグナー名演集












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示