10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


メンデルスゾーン 無言歌集より 第2巻 6曲目 「ベニスの舟歌」

こんばんは。

今日は、先週、久しぶりに弾いてみた曲を紹介します。


メンデルスゾーン の 無言歌集第2巻より 

   ベニス(ヴェネツィア)の舟歌  第2 作品30第6曲 嬰へ短調



この曲は、

メンデルスゾーンの「ベニスの舟歌(ヴェネツィアの舟歌)」の 

第2曲目の曲です。

メンデルスゾーンは、この題名で、3曲の曲を作っています。


最近、子どものころ弾いた曲をいろいろと弾いてみます。

時間がなく、しかも、指がうまく動かない状態なので・・・


このベニスの舟歌は、

子どもころ持っていた子ども向けのピアノ小品曲全集のレコードに

ありました。

この中で、夕暮れの時間に聴くと、いいなあ~と感じた曲がこの曲。

暗い雰囲気を持ち、揺れた感じが好きでした。

弾いてみても、とても弾きやすい。


フォルテ、フォルテッシモ、スフォルツァンド、ディミヌエンド・・・

そして、

pp(ピアニッシモ)の長いトリルのあとの、

sf(スフォルツァンド)のハッとした感じとその直後のあきらめのような

感じのするところを弾くのが、気に入っていました。


メンデルスゾーンの曲は、どちらかというと苦手で、

この曲は、感覚的にすんなりと入り込める点でとても珍しい曲です。


この曲を、昨日弾いて、

きっと暗い!と言うだろうなあと思いながらも、

子どもの感想を求めたところ、

もっと怖い返答が・・・


「 暗いなんてものじゃない。真っ暗だったら、怖くない。

  でも、この曲は、

  真っ暗な中に、一カ所だけ、光があるような感じがする。

  だから、とっても、怖い感じがする。」


これを聞いて、

私の演奏は、そんなに怖いものだったのか・・・?と、ショックでした。

夕暮れの時間帯をイメージして弾いていたわけですから・・・

私はこの曲には、

そんな影のあるようなものはないと思っていたのですけど、

子どもの言葉を聞いて、

もしかしたら、そんなくらい影の部分を秘めているのかもしれないと、

気になってしまいました・・・

メンデルスゾーンにしては、

かなり暗い部分と心の揺れのようなものがあるとは、思っていましたけどね。


この曲は、舟歌ということで、

ゴンドラが揺れている・・・そんなイメージでした。

揺られながら、感じたイメージの曲かな?と。


メンデルスゾーンは、

この曲を作曲する前に、イタリアへ旅行に行っています。

そして、「イタリア交響曲」を作曲しています。

でも、そのイタリア交響曲からは、

このベニスの舟歌のような、暗さは感じられません。

そちらは、メンデルスゾーンらしい、とても明るい曲だと思います。

そう考えると、イタリアのイメージが暗いイメージではないと

思うのです。


乗ったゴンドラの時間帯が、もし、夜であれば、

まだエジソンが電気を発明する前の時代ですし、

外は、かなり暗いことでしょう。

でも、そんな中で、揺られたとしても、

そこまでの暗いイメージが出てくるかしら?


この曲には、先ほど書いた、

pp(ピアニッシモ)の長いトリルの後に、sf(スフォルツァンド)が

あります。

ここは、

ただのゴンドラでの揺れから表現されたもの・・・ではないような気がします。

何かあったのかな?

私は、最初に、このスフォルツァンドの部分のあと、

あきらめ・・・

のようなものを感じると書きましたけど、

何か、しようとしていて、でも、しようかどうかを考え悩み、

でも、やっぱりあきらめる・・・

メンデルスゾーンには、そんな思いがあったのでしょうか?

心の暗闇?

人には、誰かにはわからない、秘めたものがある?

もしかしたら、この曲には、

そんなものが秘められているのかもしれませんね・・・


一瞬だけど、

長いトリルの前に、光が見えたような気がするだけに、

余計に、その後の闇が暗く感じてしまいます・・・

そう考えると、とても悲しみが込められた曲なのかもしれない・・・


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ イグナーツ・フリードマンの演奏で(CMつきです)
.Ignaz Friedman - Venetian Gondola Song (Mendelssohn)

↓ ヴラディーミル・ド・パハマンの演奏で
.Mendelssohn Venetian Gondola Song Op 30 No 6 Pachmann Rec 1912 .wmv .

・・・聴き比べると、

私は、前者の演奏のように、ゆったりと弾きますけど、

テンポが速い、遅いで、イメージが違ってきますね・・・

↓ シフ・アンドラーシュのCD

春の歌/メンデルスゾーン:無言歌集




~~~ 関連記事 ~~~

・ メンデルスゾーン の 無言歌集 第1巻より Op.19 No.3 「狩りの歌」
・ メンデルスゾーン の 無言歌集 第2巻より Op.30 No.1 「瞑想」
・ メンデルスゾーン の 無言歌集 第5巻より Op.62 No.6 「春の歌」









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示