08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










モンポウ 「内なる印象」第2番 No.5 悲しい鳥(Pájaro triste)

こんにちは。


休日くらい家でのんびりとしたい・・・

なかなかそれも難しいというとき、

短い時間でも、

音楽を聴いて騒々しい空間から逃れてみたい・・・

そんなとき、こんな音楽を聴いてみるのはいかがでしょう?


モンポウ の 「内なる印象」より 第2番 悲しい鳥


とても静かな、繊細な音。

これを弾くときは、

静かな音で響きの美しさを出せなければならないので、

意外と難しいと思います。

楽譜を見る限り、音は少なく、簡単そうにみえますけどね。


モンポウの曲を聴いていると、

モンポウは、

外との世界から離れて生きているかのように、

思えてくるのです。

世間の騒々しさから逃れ、自分の世界を創り上げ、

その世界でいることを好むかのよう・・・

物音がしないとても静かな空間で、ひっそりといるかのよう・・・

そんな中で、心の声を表現するには、表に出す手段は、

音楽だったのかもしれませんね。

誰でも、気持ちを内に秘めずに、

どこかに出したいという思いはあるのではないかな?と思います。

どんなに内向的な人であってもね。

外向的な人のように、

人前ではっきりと気持ちをいうこともできないからといって、

気持ちを内に秘めたままでいたいわけではない。

誰かに、その思いを伝えたい、聞いてほしいと思うのではないかしら?

でも、そんなことはできない。

だから、その思いを曲に込めた・・・

でも、それは、ひっそりとね・・・

大きな声、強い思いではない。とっても密やかに・・・

モンポウの曲は、そんな感じがしてくるのです。

この「悲しい鳥」も、そんな曲であるのかもしれませんね。

聴いていると、安らぎがもたらされるのも、

作曲家が、それを望んでいるからなのかもしれません。

この曲の中で、鳥の鳴き声に感じる音。

その音が、曲の中で、より美しく際立って感じます。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ 作曲家モンポウの演奏で
Mompou plays Mompou "Pájaro triste" .

↓ アリシア・デ・ラローチャの
    「内なる印象」の演奏(抜粋)で
    「悲しい鳥(Pájaro triste)」は、
    4分58秒ごろから6分28秒ごろまで
Alicia de Larrocha performs Mompou - LIVE

~~~ 関連記事 ~~~

モンポウ 秘めごと



↓ モンポウの自作自演全集

モンポウ:ピアノ曲全集(4枚組)/Mompou: Complete Piano Works



↓ アリシア・デ・ラローチャのCD

モンポウ・リサイタル



この曲の楽譜は、こちら です。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。