07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スヴェーリンク 「涙のパヴァーヌ」

おはようございます。

3日前から、同じ曲を続けていますけど、

今日もまた、同じ曲を紹介しますね。


ヤン・ピーテルスゾーン・スヴェーリンク の 

 「涙のパヴァーヌ SwWV 328」



これは、オルガニストであるスヴェーリンク(スウェーリンク)による

ジョン・ダウランドの「涙のパヴァーヌ」の変奏曲です。

これは、

昨日紹介したリュートの「涙のパヴァーヌ」と比べててみると

いいかもしれません。

チェンバロの音で聴くと、どうでしょう?

ちょっと華やかさが加わって、優雅な感じがしてくるのは不思議です。

暗い感じがしてきませんね・・・


3日前から、

同じ曲をもととした曲を紹介しました。

どれも楽器の違いで、印象が異なって聴こえてくるので、

聴き比べをすると面白いと思っています。

どれも、聴いたあとに、スッキリとした気持ちになれるのが、

疲れたときに聴くといいかなと思います。

もし、休日のお時間があったら、聴き比べをしてみてください。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ステファノ・ロレンツェッティのチェンバロで
.Sweelinck Pavana Lachrimae .


↓ こちらは、
  グレン・ウィルソンのチェンバロのMP3
  11曲目になります。

Sweelinck, J.P.: Harpsichord Works - Fantasia Chromatica / Echo Fantasia / Toccata / Variations



↓ こちらは、
  グレン・ウィルソンのチェンバロのCD

Music for Harpsichord Fantasia Cromatica



↓ ノエル・スピートのチェンバロのMP3

Pavana lachrimae



↓ ロバート・ウーリーのヴァージナルのMP3

Pavana Lachrymae, SwWV 328



~~~ 関連記事 ~~~
 エイク 涙のパヴァーヌ 
 ダウランド Flow my tears(流れよ我が涙) 
 ダウランド 『リュート曲集第2巻』より 「涙のパヴァーヌ」 









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示