11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


シューマン 子どもの情景より 「見知らぬ国と人びとについて」

こんばんは。

今日は、うちの子どもが今気に入って弾いている曲を紹介しますね。


シューマン の 

  『子どもの情景(Erno Dohnanyi )』より Op.15 第1曲 

    「見知らぬ国と人びとについて(Von fremden Landern und Menchen)」



この曲は、

「知らない国々」「見知らぬ国より」「異国から」などと

いろいろと訳されています。

聴いていると、憧れのようなものを感じますね。


このシューマンの『子どもの情景』を、

下の子が、生まれたころに私が弾いていたからでしょうか?

子守歌がわり・・・というわけでもないですけど、

赤ん坊をそばに寝かして弾くには、

こういった穏やかな音の曲がいいだろうと、

よくシューマンのこの曲や、トロイメライを弾いていました。

ピアノの近くで、よく眠っていました。

なぜか、ピアノを弾いているときは、熟睡するような子・・・

ピアノの先生にも、レッスン時によく眠っていると驚かれていましたか?


いつも譜読みにかなりの時間がかかる子ですけど、

どちらの曲もすんなりと弾いています。

私としては、ちょっとした驚きです。

なんとなく、記憶に残っているのでしょうか?
 
とても気に入っていて、頻繁に弾いています。


私も、久々に弾いてみたのですけど、

あらら・・・左手が、ちょっと重い(かたい)かしら?

軽く(柔らかく)弾かないとね・・・

子どもに笑われないよう、密かに練習をしなくては・・・


よかったら、聴いてみてください。


↓ ウラディミール・ホロヴィッツの演奏で
Schumann's Scenes From Childhood | Kinderszenen Op. 15 No.1,Vladimir Horowitz

↓ 最初に長い拍手が入りますが・・・23秒ごろから(CMもついてしまった?) 
  こちらは、マルタ・アルゲリッチの演奏で
.Martha Argerich - Schumann - Von Fremden Landern und Menschen .

↓ Fanny Davies の演奏で
   『子どもの情景』の第1曲目から第10曲目までの演奏
   「見知らぬ国と人びとについて」は、
   最初から1分12秒ごろまで
Fanny Davies plays Schumann Kinderszenen (1/2)

↓ ノエル・ミュートン=ウッドの演奏で
   (CMつきです)
Noel Mewton - Wood, Schumann: Kinderszenen Op. 15 - No. 1 Von fremden Ländern und Menschen

↓ エルンスト・フォン・ドホナーニの演奏で
   『子供の情景』の第1曲目から第6曲目まで
   「見知らぬ国と人びとについて」は、
   0分6秒ごろから、1分45秒ごろまで
Schumann Kinderszenen No's 1-6 Dohnanyi Rec 1953.wmv
   
↓ マリア・ジョアン・ピレシュの演奏で
    『子供の情景』の全曲演奏
   「見知らぬ国と人びとについて」は、  
   最初から、1分38秒ごろまで
https://www.youtube.com/watch?v=QiMFICjD5Hg

↓ クララ・ハスキルの演奏で
   『子どもの情景』全曲演奏
   「見知らぬ国と人びとについて」は、
   最初から、1分30秒ごろまで
Clara Haskil plays Schumann Kinderszenen Op. 15 


↓ ウラディミール・ホロヴィッツのCD

シューマン:子供の情景



↓ アルタ・アルゲリッチのCD,MP3(1曲目になります。)

Kinderszenen / Kreisleriana



↓ マリア・ジョアン・ピレシュのCD,MP3(1曲目になります。)

Schumann: Kinderszenen / Waldszenen



この曲の楽譜は、 こちら になります。









No title

おはようございます。

子供の情景、私もとっても好きです。
シューマンは見た目おとなしそうで、実は内面は激情型の人かなと
勝手に思っているのですが、穏やかそうなところも、激しい
感じのところも、好きなんですよね~。

子供の頃もよく聴いたのですが、大人になってからも
何だか癒されます。
でも、久しぶりに聴きました~。
聴かせて下さってありがとうございます。(^^♪

ゆーさんへ

ゆーさんへ

こんばんは~。
今朝、シューマンの子どもの情景を全曲弾いてみました。
時間がないときに、こういう小品を弾くのはいいですね。

シューマンは気性の激しいとき、とても優しいときとあって、
極端な面をもった方だったのかなと思います。
どっちがいいかというと、私は優しい感じの時の方が好きです。
激しいときは、きっと周りの人は大変・・・だったのではないかと思います。
作曲家(芸術家)は、そんな人が多いかもしれませんけどね。

シューマンの曲は、弾きにくい・・・
私がそう思うだけかもしれないですけど、指使いがとてもやりにくく感じます。
レッスンを受けていない今、子どもの情景のような曲を弾く・・・のが、
いいのかもしれませんね。
今でも、聴くほうは好んで聴いてます。
とっても癒されます。(*^_^*)
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示