10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


モーツァルト ピアノソナタ第11番 K.331 第1楽章

おはようございます。

昨日はしんみりとした気分の曲を紹介してしまいましたが、

今日もまた、同じような気持ちになってしまう曲を紹介します。


モーツァルト ピアノソナタ 第11番 K.331 第1楽章


この曲も、

姉が亡くなった後、しばらく聴くことがつらかった思い出の曲です。

姉がヴァイオリンを習い始めのころ、悪戦苦闘して弾いていたので。


音楽で心が癒されることもありますけど、

その音楽を聴いたときのことを思い出すと、

悲しみが一層深くなってしまうことがあります。

でも、

そんな曲を聴きたくはない・・・と思いながらも、

聴いて涙を流すことは、

とてもいいことだったかもしれないと思うようになりました。

私の場合、自分でピアノを弾いて、音を聴きながら・・・でしたけど。


この曲の第1楽章は、長調ですけど、

主題のメロディーは、

当時の私には、どこか影を感じる音に聴こえてしまっていましたね・・・

とても柔らかい優しい音ですけど。

でも、今は、天国から聴こえてくる音にも聴こえてくるように感じます。

時が経ち、かなり聴こえ方は変わったかもしれません。


この曲は、主題、6つの変奏曲という構成になっています。

この変奏曲、弾いていて結構楽しい。


その時の弾き方で、ガラッと変えられるように思います。

悲しみを感じているときと、明るい気分でいるときでは、

音が全然違うように弾けるものだなあ~と感じます。


本来、長調ですし、

レガートもスタッカートも軽く弾くと、

音が軽やかで、優美な音を楽しみながら弾けます。

そういう弾き方をするべきなのでしょう。


でも、

当時のようなとても悲しい気分の時、

指がなんとなく鍵盤から離れないような、そんな感じで弾いてみると、

まったく音が違ってしまうのです。

特にスタッカートを弾くとき、切るではなく、

鍵盤から少しだけ離すようにして音を少し長めにしてみると、

音が全然違って聴こえてきます。

なぜか、曲が、悲しみを抱えている感じになるのです。

前へ音が進んでいくのを少しおさえるような感じになると

いったらいいでしょうか?


短調である、第3変奏の音を

少し重々しい、涙をこらえたような哀れを感じる音にしてみる。

第4変奏では、

左手で奏でる高い音をまるで、悲しみを乗り越えようとするかのような

音にしてみる。

そうすると、

第5変奏では、

右手のスタッカートの部分が、天に昇っていく?というような

妙な感じになってきて、

まるで、神様に慰められるような気分にもなってくるのです。

最後の第6変奏では、

神様のおかげで元気が出たのか、心が軽くなったのか、

リズムが速くなり、軽快に弾くことができるのです。

悲しみを乗り越えて、吹っ切れたという感じと言ったらいいでしょうか?

・・・

姉の死から立ち直れず、どんよりとしていた気分のときに、

こんな感じで弾いてみたら、

悲しみがだんだんと弾いているうちに、消化されていくかのように

感じました。


悲しい気分のときは、明るい音で弾こうと思っても、出せない。

本当に弾けないのですよ。

だったら、

そんな悲しい状況の音で弾いてみてもいいではないかな?と

当時は、そんな感じで弾いていましたか?

(今は、そうは弾きませんが・・・)

本来のこの曲の弾き方ではないでしょうけど、

そんな風に弾いて、自分の心を癒してみるのもいいかもしれない・・・


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ 内田光子さんの演奏で。第1楽章
Dame Mitsuko Uchida: Mozart - Sonata in A major, 'Andante grazioso' No. 11 K. 331

↓ ワルター・クリーンの全楽章の演奏で。
  (CMつきです。)
Mozart / Walter Klien, 1961: Sonata in A Major, K. 331 - Complete

↓ イングリット・ヘブラーの演奏で。
   第1楽章の最初からver.Ⅲまで。
Piano Sonata No.11 K. 331  I.Andante grazioso part1



↓ マリア・ジョアン・ピレシュのCD

モーツァルト生誕250年記念BOX モーツァルト:ピアノソナタ全集



↓ 内田光子さんのCD

モーツァルト:ピアノソナタ第8番&第11番&第14番&15番



↓ ワルター・クリーンのMP3
   (第1楽章は、4曲目になります。)

モーツァルト:ピアノ・ソナタ第10番~第12番/ワルター・クリーン(ピアノ)



↓ イングリット・ヘブラーのCD

モーツァルト:ピアノ・ソナタ全集



~ 関連記事 ~

モーツァルト ピアノ・ソナタ 第2番 ヘ長調  K. 280 第2楽章

モーツァルト ピアノソナタ第4番 変ホ長調 K.282 第1楽章

モーツァルト ピアノソナタ第10番 第1楽章

モーツァルト ピアノソナタ第16番(旧・第15番)K.545









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示