08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ドビュッシー 美しき夕暮れ(Beau Soir )

おはようございます。


先日、ある曲を聴いてから、その曲の中に迷い込んだかのような

感覚になってしまった・・・というようなことを書いたと思います。

今日は、その曲を紹介しますね。


ドビュッシー の 「美しき夕暮れ」


ヴァイオリンの演奏で、この曲を聴いたことはあったので、

この曲探しをしていました。

ですけど、

フランス語で歌われているものを聴いたら、妙な感覚になってしまいました。

ヴァイオリンでは、ただ美しい曲だとしか、感じませんでしたから、

たぶん、フランス語の歌詞からくるものだと思います。

私はフランス語はまったくわからないのですけど・・・


歌詞は、↓ こちらになります。

「 美しい夕暮れ(ポール・ブルジェの詩)」

 Lorsque au soleil couchant les rivières sont roses,
 Et qu'un tiède frisson court sur les champs de blé,
 Un conseil d'être heureux semble sortir des choses
 Et monter vers le coeur troublé.

 Un conseil de goûter le charme d'être au monde,
 Cependant qu'on est jeune et que le soir est beau,
 Car nous nous en allons comme s'en va cette onde,
 Elle à la mer,nous au tombeau.


私は、よくわからないので、この詩の英語訳つきの歌を探して、

聴いてみました。

↓ よかったら聴いてみてください。英語訳つき。
   (ただし、CM付きです。)

.Beau Soir .


英語から、この曲の意味を考えると、

なぜ、妙な感覚に陥ってしまったのか?と、わかるような気がしました。


この曲を作曲したドビュッシーは、当時18歳(19歳?)と

とても若いです。

その若さで、なぜ、この詩を選んだのでしょう?


なぜか、とてもつらい思いをしていて、

毎日、川辺で美しい夕暮れを見ていて、いろいろと思っていたのでは?

と感じてしまいました。


とても耐えがたい苦しみを乗り越えようとしていたのかも・・・


川の水はいつかは海へと流れて行くように、人はいつかはお墓で眠ることになる、

だから、

生きよう・・・

と決心をしようとしたのではないかな?と思ったのではないかな?と。

苦しみの先には、幸せがやってくるかもしれない・・・

そんな期待を持って。


私も先日は、ちょうどそんな気持ちを思い出していましたか?

運悪く、気持ちがマッチしてしまい、

この曲の中に入り込んでしまって、

ぬけられなくなってしまったようです。

困りますね・・・


お時間のある方、もしよかったら、こちらも聴いてみてください。
  

↓ ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの歌声で(CMつきです。)
.Dietrich Fischer- Dieskau . Beau Soir . Claude Debussy .

↓ 女性歌手メアリー・ガーデンの歌声で
Soprano Mary Garden: Debussy ~ Beau soir (1929)

<こちらは、他の楽器での演奏>

↓ ピエール・フルニエのチェロ演奏で
Pierre Fournier Plays Debussy - Beau Soir

↓ ヤッシャ・ハイフェッツのヴァイオリン演奏で
Jascha Heifetz plays Beau Soir


↓ バーブラ・ストライサンドのCD

Classical Barbra



↓ ジェラール・スゼーのMP3

Claude Debussy: Beau Soir



↓ ピエール・ベルナックのMP3
   (35曲目になります。)

Pierre Bernac Sings Poulenc



↓ ヤッシャ・ハイフェッツのMP3

Claude Debussy: Beau Soir












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。