08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










バッハ の イタリア協奏曲 第2楽章

おはようございます。

昨日の夜は、とても空気が冷たく、寒く感じました。

そんなとき、空を見上げると、やっぱり星は美しく輝いていますね。

そうしたら、こんな音楽が流れてくるような気がしたのです。


バッハ の イタリア協奏曲 第2楽章


たぶん、

これから、迎えなくてはいけない運命と向き合う前に、

何も考えずに、ただ、心を無にして、

いつ何があっても大丈夫なように、

心を準備をしておこうという気持ちになっているのでしょうね。


戦いを控えた人を送り出す前の親の気持ち、

心配でたまらないけれど、考えてもどうしようもない。

できるのは、親が親でいられるように、平静な心を保つこと。

それをできるように、

ひたすら、なんでもないように気持ちをもっていく。

この先、どうなろうとも、大丈夫なように、心構えをしておく。

ただ、それだけなのです・・・


なぜか、そんな私の今の心境とこの曲は見事にマッチしたのです。


左手のトーン、トーン、という低音。

これが、またも、運命の音のような感じがしてくるのです。

時を刻む音と重なり、一歩一歩運命の時が近づいてくる・・・

そんな感じがしてくるのです。


この曲を以前弾いたときには、

そんな風には感じなかったのですけどね。

この曲をどう弾いたらいいのか、

正直わからず、なんとなくで弾いていました。

第一楽章、第三楽章と違って、

イメージが湧きにくかったのです。

しかも、

この曲、とってもスローテンポ。

ピアノで弾くと、

音を美しくつなげるには、簡単なようで、難しい。

ゆっくりとしているだけにね。


左手のトーン、トーンという低音は、

目立ちすぎてもおかしいですし、

かといって、

この音の響きが、普通の音になってしまってもいけないし、

弾きにくいと思っていました。

この左手の特別な音がなんなのか?と、ずっとわからず、

ただ、音の違いを意識して弾いていただけでした。


なんとなく、昨日、何回も聴いていて、

この音の意味がわかったような気がしたのです。


誰もいないシーンとした空気の中、

どこかから聞こえてくる、足音。

コツ、 コツ、 コツ ・・・

それを一人で聞いているときに身構えるような感じ。

これを想像すると、怖くないですか?


そんな感じをイメージして、この曲を聴いてみると、

このトーン、トーンという低音を

特別な響きをもった音のようにしたほうがいい、なんて、

思ったのです。


みなさんは、どのように弾かれるのでしょうね・・・?


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マリヤ・ユーディナのピアノ演奏で(CMつき)
Maria Yudina plays Bach Italian Concerto, BWV 971

↓ グレン・グールドのピアノ演奏で
J. S. Bach Concierto Italiano BWV 971 Andante Glenn Gould 2/3

↓ アルフレッド・ブレンデルのピアノ演奏で
.J.S. Bach Italian Concerto in F BWV 971 Andante 2 Movement.wmv .

↓ グスタフ・レオンハルトのチェンバロでの全楽章演奏で
  (4分24秒ごろから9分14秒ごろまで)
   CMつきです。
Italian Concerto BWV 971 Gustav Leonhardt


↓ アルフレッド・ブレンデルのCD

バッハ:イタリア協奏曲、他












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。