10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


クープラン 葦

おはようございます。

今日もバロック音楽を紹介してみます。


フランソワ・クープラン の 葦


クープランの『クラブサン曲集』第13組曲の第2曲です。 

クープランは、

昨日紹介した、パッヘルベルと同様、

音楽の父と称されるバッハよりも少し前の作曲家です。


装飾音に彩られた優美なメロディーが風にそよぐ葦の様子を

叙情的に描いているそうですけど、

私の知る葦の姿から、こんな優雅なイメージはしてこないのです。

フランスの葦は、一味違った趣があるのかな?なんて、

この曲を聴くと、思ってしまいます。

聴いていても、さらっと流れてしまうような、

とても軽さを感じるこの曲。

葦が、印象にあまり残らないような、目立たない存在のように、

この曲も、強い印象は残らないですね。

耳に残るのは、装飾音。

この装飾音が

何の変哲もない葦を美しい絵画の中に描かれたように仕立て上げたかのよう。

そうですね・・・

この曲は、風景画、

クロード・ロラン絵のような雰囲気・・・かもしれませんね。


もしよかったら、聴いてみてください。
   

↓ アリシア・デ・ラローチャのピアノで。
.Alica de Larrocha plays Couperin Les Roseaux

↓ ブランディーヌ・ヴェルレのクラウザン演奏で
Verlet, François Couperin, Les Rozeaux


恋の夜鳴きうぐいす~クープラン:クラヴサン名曲集




< 後記 2014.04.14 >

いただいたコメントに宮沢明子さんの「葦」のことが書かれているので、

このブログに、検索されてしまうのですが、

残念ながら、

宮沢明子さんの「葦」の

You-Tubeでの演奏とCD(MP3)は、

探してみたものの、ありません。

2014年5月に、

宮沢明子さんのCDが発売されるそうです。

このCDには、「葦」の演奏が収録されているようです。

さらに、

2014年5月19日(月)に、

すみだトリフォニーホールにて、コンサートがあるそうです。

詳しくは、 こちら をご覧ください。










こんにちは。

連日ですみません(汗

この曲は、大のつくほど好きな曲です。
この曲を聞くと「人間は考える葦である」という有名な言葉や、
「遠く吹く風にもそよぎ葦枯れる」のような名句を思い浮かべます。
いずれにしても、寄るべない光景が眼前に広がるような「葦」という言葉。
この曲も聴くたびにそのような風景を思い起こしてしまいます。
そして、もうひとつこの曲の虜になった要因に、ある人の演奏がありました。
その人の名前は宮沢明子さん。
当時、中村弘子と人気を二分した名ピアニストです。
私は宮沢さんのほうを高く買っていましたが・・・
その彼女がバッハを含めたバロックの小品ばかりを収めた、
その名も「バロック名曲集」というアルバムを出していて、
中にこの「葦」も入っていて、もちろんピアノでの演奏なのですが、
そのその深い寂寥感には、思わず泣きそうになりました。
そう言う意味で「葦」には特別の思いがあるのです。
機会がありましたら、是非、宮沢明子の演奏をお聴きください。

Re: こんにちは。

NANTEIさまへ

こんばんは。
連日コメントをいただけるなんて、とても嬉しいです。
宮沢明子さんのお話はケンプのお話と同じように、かなりの思い入れが感じられます。
演奏を聴いて感動するという体験は、なかなかあるものではないです。
宮沢明子さんのバッハの演奏、どんな演奏だったのか、興味あります。

バッハの演奏で印象に残るとしたら、かなりの個性が際立つものなのでしょか?
それとも、個性を抑えた音であるのでしょうか?
バッハの音、ある枠のようなものがあるように感じています。
その中で演奏をされているのか、それともグールドのように枠を超えるものなのか?
とても興味あります。
私自身、バッハは迷いながらの音ならし状態で、
未だに、どう作り上げたらいいのか、わかりません。
バッハ同様、「葦」をどう弾くといいのか?
バロック音楽は、アレンジをしたら、ものすごく変えられる音楽ですけど、
なぜか、原曲を演奏するとなると、少しも変えずに弾くほうがいいような感じがする、
不思議な音楽です。
でも、枠を超えたほうが、印象に残りますね。
これをいいと評価するのか、どうか・・・

・・・と考えているので、
宮沢明子さんの「葦」の演奏がどんな演奏なのか、とても気になります。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示