07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


モーツァルト 「ラウラに寄せる夕べの想い(Abendempfindung)」 K.523

こんばんは。

今日は、亡くなった人・・・に関連した曲を

とりあげてみますね。


モーツァルト の 

  「ラウラに寄せる夕べの想い(Abendempfindung an Laura)」 K.523



この曲は、

亡くなった人は、

遺された人たちに対し、

どういう思いで、逝ってしまったのか・・・?

なんて、

考えさせてくれる歌詞ではあります・・・

悲しんでほしいのか、

泣かないでほしいのか・・・?

多くの人って、

そんな風に死後を考えているのでしょうか・・・?


↓ この曲のドイツ語の歌詞は、こちら。
   ( ヨアヒム・ハインリヒ・カンペ の歌詞 )

 "Abendempfindung an Laura"

 Abend ist's, die Sonne ist verschwunden,
 Und der Mond strahlt Silberglanz;
 So entfliehn des Lebens schönste Stunden,
 Fliehn vorüber wie im Tanz.

 Bald entflieht des Lebens bunte Szene,
 Und der Vorhang rollt herab;
 Aus ist unser Spiel, des Freundes Träne
 Fließet schon auf unser Grab.

 Bald vielleicht (mir weht, wie Westwind leise,
 Eine stille Ahnung zu),
 Schließ ich dieses Lebens Pilgerreise,
 Fliege in das Land der Ruh.

 Werdet ihr dann an meinem Grabe weinen,
 Trauernd meine Asche sehn,
 Dann, o Freunde, will ich euch erscheinen
 Und will himmelauf euch wehn.

 Schenk auch du ein Tränchen mir
 Und pflücke mir ein Veilchen auf mein Grab,
 Und mit deinem seelenvollen Blicke
 Sieh dann sanft auf mich herab.

 Weih mir eine Träne, und ach! schäme
 dich nur nicht, sie mir zu weihn;
 Oh, sie wird in meinem Diademe
 Dann die schönste Perle sein!



私は、小さい時から、

ご近所や親せき、

同級生の親、きょうだいなどの死が、

身近にあったことで、

死は、

当然やってくるものなんだ・・・というものとして、

とらえていて、

誰にでも、

死は、いつかやってくるものだという意識が強く、

また、それは、いつ来るかわからない、

ということも、

小さい時から、

なんとなく、理解していて、

だからこそ、

身近な人の死は、

とても悲しいことなのですけど、

いつまでも、お墓で泣き続けるということは、

していません。

時折、思い出しては、涙ぐむ・・・

それは、あっても、お墓に執着もないです。

ましてや、

亡き人は、

風になっている・・・という感覚もないです。


自分が死んだ後のことを、

いろいろと考えないといけない、

という生活をしていて、

自分の亡き後をお考えであったのか、

それとも、

死後、どんな形であれ、

自分のことを忘れないでほしい・・・

というお気持ちが強いのか?


この曲の場合、

後者なのかもしれませんね。

いつまでも、心の中で生き続け、

思い出しては、泣いてほしい・・・

そんな思いなのかもしれません。


亡くなった人のことを、

いつまでも忘れない。

亡くなった人は、自分の心の中で生きている・・・

亡くなった人がいたこと、

亡くなった人が自分にしてくれたこと、

それらに感謝して生きていく・・・

それは、

何よりの供養となるのでしょうか?

遠い昔、祖母が亡くなったとき、

和尚さんが、

そのようなことをおっしゃっていたような記憶が、

蘇ってきましたよ。


今回紹介する曲は、

そんなことを思い出させてくれました。

とはいえ、

あまり暗い気持ちになるような曲調でもなく、

しんみりとしているわけでもなく、

さらっとしていて、とても聴きやすい曲です。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ エリザベス・グリュンマーの歌声で
   (CMつきです。)
Elisabeth Grümmer singt Abendempfindung

↓ バーバラ・ボニーの歌声で
.Barbara Bonney Geoffrey Parsons "Abendempfindung an Laura" W. A. Mozart .

↓ アーリーン・オジェーの歌声で
Arleen Auger - Abendempfindung (Mozart) -1988

↓ エリーザベト・シュヴァルツコップの歌声で
Elisabeth Schwarzkopf 1953 (Gerald Moore, piano) Campe-Mozart "Abendempfindung" Sung in German

↓ イルムガルト・ゼーフリートの歌声で
MOZART " Abendempfindung ". Irmgard SEEFRIED avec Gerald Moore au piano ( 1950 )

↓ 男性歌手ジェラール・スゼーの歌声で
Mozart - Abendempfindung an Laura, KV. 523 - Gérard Souzay


↓ エリザベス・グリュンマーのMP3

Abendempfindung, K. 523



↓ エリーザベト・シュヴァルツコップのMP3

Abendempfindung, K.523 (2001 Digital Remaster)












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示