10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ショパン 華麗なる大円舞曲( Grande valse brillante Op.18 )

おはようございます。


今日は、以前、

ピアノの調律師の方と交わしたピアノの話のことを

先に書いてみますね。


グランドピアノとアップライトピアノの仕組みの違いとか、

グランドピアノでも、

上のランクのものとそうではないものの、違いとか・・・

グランドピアノと一言で言っても、中が違うのですね。

大きさや音だけかと思っていましたけど、

ペダルも違うのだと知って、驚きでした。


話を聞いて、

なぜ先生の要求するペダリングが

家のアップライトピアノでは、表現できないのか、

また、グランドピアノでもできないことがあるのか・・・

がわかり、納得。


やっぱり、ピアノは

弾けば弾くほど、上級者になればなるほど、

質のいいピアノを使いたくなるもの・・・と思いましたよ。

リッチな方、お子さんにはぜひ最上級のピアノをお買い求めください。

妥協はしないほうが、

お子さんのためによろしいかと思います。


あ、ピアノの購入をおすすめする場ではありませんでした。

失礼しました。

今日は、

その調律師とのお話から、思い浮かんだ曲を紹介します。


ショパン の ワルツ第1番 「華麗なる大円舞曲」


なぜ、この曲?かといいますと、

私が最初に同音連打で苦しんだのが、この曲だからです。

この曲は、同音連打がところどころにあります。

この弾きやすさがピアノの良しあしで、

大きく変わってくる曲なのです。

私が最初に使っていたピアノでは、

この連打が非常に弾きにくかったのです。


調律師いわく、

プロはだいたい1秒間に11連打されるそうです。

 (11連打ではなく、もっと・・・だったかも?
  アップライトで、11連打だったか・・・? 
  すみません、うろ覚えで・・・ )

ちなみに、

我が家は住宅事情のため、アップライトピアノです。

アップライトピアノでは、

この連打をすると、

結構、鍵盤が重く感じて、弾きにくいです。

グランドピアノで弾くと、

なんて軽いの~と楽になるので嬉しいですね。


アップライトピアノで、

この連打が上手にできないといわれる方、

それは、あなたの技術的な問題ではなく、

もしかしたら、

ピアノの方ができなくさせているのかもしれません。

一度、グランドピアノで弾いてみて、

違いを感じてみてください。

技術ではなく、

ピアノ(楽器)のせいであった・・・

ということかもしれません。


・・・あ、またも、おすすめしているような?(失礼しました!)


この曲は、同音連打が楽に正確にできるようになると、

とても楽しく、華やかで、軽やかに弾けるようになるかと

思います。

逆にできないと、

ぎこちなく聴こえてしまう曲でもありますね。


この曲が作曲された

当時に流行っていたウィンナワルツとは違い、

ショパンのワルツは踊るワルツではないと言われますけど、

この曲は、体がライズする瞬間を感じるところもあって、

数あるショパンのワルツの中では、

踊りが目に浮かぶ曲であり、

私が踊っているような感覚になれる曲です。

体が自然に動く・・・そんな感覚。

そう感じるのは私だけでしょうか?


よかったら、聴いてみてください。


↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で(CMつきです)
Ashkenazy plays Chopin Waltz 'Grande Valse Brillante' Op. 18

↓ アルトゥール・ルービンシュタインの演奏で
Arthur Rubinstein - Chopin "Grande valse brillante" Op. 18 In E-Flat

↓ ジャン=マルク・ルイサダの演奏で
Jean Marc Luisada plays Chopin's Grande Valse brillante Op 18

↓ Franciszek Łukasiewicz (フランシス・ルカシェビッチ?)
  の演奏で
Franciszek Łukasiewicz plays Chopin Grande Valse Brillante Op.18



↓ シプリアン・カツァリスのCD

ショパン:ワルツ集



↓ ウラディーミル・アシュケナージのMP3

Chopin: Waltz No.1 in E flat, Op.18 -"Grande valse brillante"












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示