08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ドビュッシー 『子供の領分』 より 「ゴリウォーグのケークウォーク (Golliwog's cakewalk)」

こんにちは。

今日は、

子どもが発表会で弾くことの多い曲を

とりあげてみます。


ドビュッシー の 

 『子供の領分』 より 第6曲目 

  ゴリウォーグのケークウォーク (Golliwog's cakewalk



私は、

教えていただいたことがなく、

さらっと弾いてみたことのある程度なので、

特に書くことはないのですけど、

なぜか、

頻繁に検索されてくる曲なので、

とりあげてみることにしました。


この曲は、

面白い曲というのか、

インパクトのある曲というのか、

一度聴くと忘れられない、印象に残る曲

ですね。

そういった意味で、子ども向きとして、

発表会で弾くお子さんが多いのでしょうか・・・?

うちの子も、

私が弾いてみた時、

興味持って聴いていたような記憶があります。

たぶん、

子どもは、楽しんで弾ける曲なのだろうと、

思います。


私には、

大人が、

少し音のおかしなピアノ

 (もしくは、古びたピアノ、壊れかかったピアノ)

で、

面白おかしく弾いているようなイメージがあります。

コメディーっぽい感じといったらいいでしょうか?

( 弾くことで、笑いをとるというイメージ・・・ )

さらに、

この曲は、

とってもけだるい部分(中間部)もあって、

真剣ではなく、

気を抜いているような、

やる気あるのか?と言いたくなるようなものを

秘めた曲に感じます。

 ( う~ん、(-_-;) うまく表現できないわ・・・ )

なんというのか、

お笑い芸人が、

ちょっとおふざけをして、

笑いをとっているような感じに近いかな・・・

それを音楽にすると

こんな感じの曲になるのでしょうか?

そうとらえると、

かなり、シビアな目で見て曲を作っているような?

”ゴリウォーグ(黒人の子どもの人形)” 

ですからね・・・

大人目線で、皮肉を込めたような曲・・・?

まあ、差別的な意味を

曲に込めていなかったかもしれませんし、

 ( 曲に込めようなんていう考えは
   まったく、なかったかもしれませんし、)

ゴリウォーグに親しみを込めての曲

であったようにも思えますが、

どこか、

そういった皮肉を感じさせないでもないか?

という気がしないでもありません・・・

無意識(無自覚)、という感覚で。

 ( そう思うのは、やっぱり、私だけ・・・かしら? )


それとも・・・


ケークウォークを踊っているゴリウォーグの

気分屋的な動きというのは、

子どもが、

最初は楽しく踊っていたのだけど、

だんだんと疲れて、嫌になってきて、

だら~っとした感じになってしまったという

けだるさなのでしょうか・・・?

子どもって、

確かに、そういうところ、ありますね・・・

大人にやらされている場合、特に。


当時の黒人は、

どんな感じでケークウォークを踊っていたのでしょう?

というところまで、

調べてみないと、なんともいえないのですけど、

楽しんで、というより、

実は、

内心、嫌々・・・

という感じで、踊っていたとなれば、

それを、ドビュッシーはこの曲で表現していた

とも言えるかもしれません。

 ↓ 参考のために・・・
    当時のケークウォークの映像です。
  ・ Comedy Cake Walk
  ・ Cake Walk

彼らは、何のために、踊っていたのでしょう?

なんて、

思わず、考えてしまうのは、私だけかしら?

ドビュッシーが、

人の心の「裏」を感じてしまうタイプであったとしたら、

この曲には、

それが、表現されていると言えるかもしれません。

なんとなく、

ドビュッシーって、

繊細・敏感そうなタイプの人であったのではないか?

という気がするのです。

ドビュッシーの 「小さな黒人 (Le petit Negre)」も、

どこか、けだるい感じがあります。

なぜかな~?と、思っていたのですけど、

ドビュッシーは、

ケークウォークを踊る黒人の姿に、

そんなものを感じたのではないか?

なんて、思ったのです。

 (違っていたら、ごめんなさい!)


・・・と私の見方を書いてみましたが、

世間の方々は、

私とは、まったく違う解釈をされるかもしれません・・・


You-Tube で曲を探して、

いろいろと聴き比べをしてみると、

演奏家によって、

演奏が表現がまちまちという感じがしました・・・

特に、中間部。

解釈が人それぞれ・・・という曲なのかもしれません。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ドビュッシーの自演で
Debussy plays Debussy Golliwogg's Cakewalk (1913)

↓ アレクシス・ワイセンベルクの演奏
   (CMつき)
(Weissenberg) Debussy Golliwogg's Cakewalk

↓ アルフレート・グリューンフェルトの演奏
Alfred Grünfeld (1852-1924): Debussy - Golliwog's Cakewalk

↓ ウィリアム・カペルの演奏
Debussy by Kapell - Golliwog's cakewalk from Children's corner

↓ マリー・ノヴェロの演奏
Marie Novello plays Debussy Golliwogg's Cake-walk

↓ いろいろピアニストの演奏で
  1. ドビュッシーの自演(piano roll) (00:00~)
  2. セルゲイ・ラフマニノフの演奏で (2:47~)
  3. レオポルド・ゴドフスキーの演奏で (6:00~)
  4. アルフレッド・コルトーの演奏で (8:58~)
Debussy "Golliwog's Cakewalk" - A Comparison

↓ ヴァルター・ギーゼキングの
    『子供の領分』全曲演奏
   「ゴリウォーグのケークウォーク」は、12分19秒ごろから
    (CMつき)
Walter Gieseking plays Debussy Children's Corner

↓ アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリの演奏で
    「ゴリウォーグのケークウォーク」は、43分53秒ごろから
    (CMつき)
* 大変申し訳ございません。
  この動画は入れ替えしました。 <2016.4.14 >

Claude Debussy - Arturo Benedetti Michelangeli (8 di 8)

↓ パスカル・ロジェの『子供の領分』全曲演奏
    「ゴリウォーグのケークウォーク」は、13分42秒ごろから
Debussy - "Children's Corner" - Pascal Rogé - Piano

↓ ダニエル・エリクールの『子供の領分』全曲演奏
    「ゴリウォーグのケークウォーク」は、13分38秒ごろから
Daniel Ericourt plays Debussy Children's Corner

↓ モニク・アースの全曲演奏
   (『前奏曲集第2巻』『版画』『子供の領分』の順)
    「ゴリウォーグのケークウォーク」は、1時間06分06秒ごろから
Debussy - Monique Haas - (Les Préludes II, Les Estampes, Children's Corner)

↓ フィリップ・カッサールの『子供の領分』全曲演奏
    「ゴリウォーグのケークウォーク」は、14分43秒ごろから
Debussy - Philippe Cassard (on a Bechstein 1898) - Children's Corner


↓ ドビュッシー自演のMP3
   13曲目になります。

Composer As Pianist



↓  ヴァルター・ギーゼキングのCD

ドビュッシー:ベルガマスク組曲&子供の領分≪クラシック・マスターズ≫



↓  アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリのMP3

Children's Corner: VI. Golliwogg's Cake-Walk



↓ パスカル・ロジェのMP3

Children's Corner: Golliwogg's Cake-Walk



~ 関連記事 ~

・ ドビュッシー 小さな黒人(Le petit negre )









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。