08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










リスト 愛の夢第3番

おはようございます。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございました。


一昨日、「愛」のことを書いてみました。


現実では、なかなか「愛」を語るなんて、ないですけどね、

ブログだから、書けることでしょうか?


今から、曲紹介ついでに、私の考える「愛」を書いてみますね。

きつい言葉かもしれません。

覚悟して、読んでくださいね。


いただいたコメントから、ふと思ったのです。

人は、見返りを求めるものなのか?と。


見返りを求めるために、愛するのでしょうか?

見返りがない人を愛するなんてことは、ないのでしょうか?


愛してしまった、

それで、夢中になりすぎて周りが見えなくなる、

その愛のためであるなら、自分はどうなってもいい・・・

となる場合もあるでしょう。

でも、

相手もどうなってしまってもいい・・・

なんてことになると、

とんでもなくなりますね。


愛するがために、相手がどんな嫌な思いをしようがおかまいなし?

自分の愛のために、どんなことでもしてしまう。


これって、

本当に「愛」なのでしょうか?

と、私は疑問を感じたのですよ。


これって、自己愛ではないのかしらって。


私も経験があるのですよ。

ストーカーのようにしつこく、何回も愛してくれないかと言われる。

断っても、断っても、いつまでも・・・


これって、迷惑でしかないです。


本当に愛しているのであれば、

その相手の気持ちを知ったら、あきらめません?

相手の幸せを第一に考えません?

それとも、

どうしても抑えられなくなるほど、愛してしまうと、

そういう行動に出てしまうのが、当然なのでしょうか???

これって、欲求が強いから、そうなってしまうのかしら?

どうしてもどうしても、自分のものにしたい?


これって、迷惑でしかないですよ。


相手より、自分の気持ちを優先する愛。

これは、本当の「愛」なのですか?


結婚をして、

パートナーが自分の思うようなことをしてくれない?

パートナーのすることが気に入らない?

パートナーとは合わない?

・・・そんなことを言うなら、

なぜ、その相手と結婚しようと思ったのでしょう?


それって、自分を中心に物事を考えるから、

そういう愚痴が出てくるのですよ。

自分が何よりも大事だから出てくるのですよ。

( きつい言い方ですか? )


結局、

パートナーよりも、自分が大事である。

つまり、

自分を愛する気持ち > パートナーを愛する気持ち

なのではないですか?


これは、「愛」なのでしょうか???


私が、育った環境が、この逆であったために、

理解できないのかもしれません。

もちろん、これは、恋愛だけではなく、

普通に人を愛すること、大切に想うこと、これも同様です。


うちの子どもたちを見ていても、

小さなうちから、私と同じように考えているのですよ。

これは、教えたわけではありません。

ごく自然にそう考えているようなのです。

そういうことを言葉にしたのが、

3歳くらいだったので、ひどく驚いた記憶があります。


一体、何が原因で考え方が違ってくるのでしょうね・・・???


・・・と、


ここまで、「愛」について、書いてきたので、

今日の曲紹介も、「愛」をテーマにしますね。


リスト の 愛の夢第3番


この曲は、有名で、ご存じではないでしょうか?

ドイツの詩人、

ヘルマン・フェルディナント・フライリヒラートの詩

「おお、愛しうる限り愛せ(O lieb so lang du lieben kannst)」

をもとに、歌曲を作曲後、ピアノ曲として作曲したものです。

これは、恋愛のことではなく、人間愛をうたったもの。


「 あなたがお墓の前で嘆き悲しむその時は来る。
  だから、愛しうる限り愛しなさい。

  自分に心を開く者がいれば、その者の為に尽くし、
  どんな時も悲しませてはならない。

  そして口のきき方に気をつけなさい、
  悪い言葉はすぐに口から出てしまう。

  『神よ、それは誤解なのです!』と言っても、
  その者は嘆いて立ち去ってしまうだろう 」という内容である。 
   
      ~ ピティナ・ピアノ事典 ~ より 抜粋


私の考える「愛」は、この詩と同じです。


そして、

どんな風に愛するのか?となると・・・

紹介するラン・ランの演奏のような感じかな?


私の場合、

熱烈に愛しています!では、ないですね。(できません・・・)

優しく、柔らかく包むような愛し方でしょうか?


そんな感じが出ているラン・ランの演奏を

よかったら、聴いてみてください。

↓ ラン・ランのピアノ演奏で 
   「愛の夢第3番」(CMつきです)
Lang Lang plays Liebestraum

↓ メタ・ ザイネマイヤーの歌で
    「おお、愛しうる限り愛せ」
Meta Seinemeyer "O lieb' so lang du lieben kannst" Liszt

↓ インゲボルグ・ハルシュタインの歌で
    「おお、愛しうる限り愛せ」
Ingeborg Hallstein - Liebestraum No. 3


↓ ラン・ランのCD

ライヴ・アット・カーネギー・ホール












No title

おはようございます。昨日はありがとうございました。

何度も何度も読ませて頂きました。

僕なんかの為に貴重な時間を割いて頂いて感謝の気持ち

でいっぱいです。

今日のテーマも深いですね。僕には答えは出せません…

かな?正確な答えは(笑)

ただ自分自身に言い換えると、僕は沢山の人に愛を

与えらて生きてきた幸せな人間です。出会う人皆、僕に

愛とは何かを言葉ではなく伝えてくれていました。

僕ももう人生の折り返しは過ぎています。これからは

ギブ&ギブ。人の為にどれだけの事をしてあげれるか。

自分の欲をどれだけ捨てれるか。そんな人間になりたい

と思う今日この頃です。

meronpanda ricchimenさまへ

meronpanda ricchimenさまへ

こちらこそ、ご丁寧にありがとうございます。

初めてブログを読んだとき、
meronpanda ricchimenさまは、お友達に恵まれていらっしゃるなあと感じました。
確か、いろいろとアドバイスされてましたね・・・

愛を感じてこられた方は、今度は愛を誰かにお返しをしていこうと思うのかもしれませんね。
私もそうなのかもしれません。

No title

こんにちは。

愛って人によって色んな形があるのかもしれませんね。

私も、リーさんと同じ考え方で、愛に見返りを求める気持ちは
ありません。って言うか、私の場合はその方が自分が楽だからっ
てのもあるのですけどね。

私が愛した位、相手にも愛や見返りを求めるって、いつも愛が
足りないって感じがすると思う。
それは本人が一番ツラいんじゃないかな~って思いますよね。
別に愛は一方通行で、戻ってこなくっても良いやって思うと、
気分的にとっても楽。
それに、私の周りに、愛が足りないって感じの人が結構いて、
それを見てると、反面教師って言うか、とってもツラそうなんですよね。

私も初めのうちは、自分が愛を注いだ分だけ戻ってきて欲しいって
無意識に思ってたけど、それって何だか辛くて、ある日、
愛は注ぐだけで良いやって思ったら、すごく楽になった。

自分のことを俯瞰で見れて、「ま、いいや」って思えたら、すごく楽に
なりますよね。
でも、幼い頃から親や周りがそうでない場合、変な癖がついちゃってて、気づくのが難しいのかもしれないなって思います。

学校は勉強を教えてくれるけど、そういうことを教えてくれる場所が
あると、人はもっと幸せになれる気がしますね。(^^)/


ゆーさんへ

ゆーさんへ

なるほど・・・
こうして読んでいると、いろんな方がいらっしゃる。

やっぱりどう育ったかで、
愛情が足りないと感じるのか満たされていると感じるのかが違うのかもしれませんね。

私はこんなに愛しているのに・・・って、思っても、
相手のほうは、そうではない。
これを感じるとつらいかもしれませんね。

ただ、人の愛情表現も人それぞれで、表現が下手な人の場合、
それが伝えられないかもしれません。
それを足りないととらえられてしまうと、困るでしょうね・・・

私も、ゆーさんのように何も求めないことで、
気が楽・・・と考えることはあります。
でも・・・もともと、見返りを求めないタイプであるような気もします。
たぶん、親からの愛情、家族からの愛情があるから、
他で満たされなくても、平気!と思っていたのでしょうね。


子どもに「愛」を教えるとしたら、やっぱり「育てる親が一番」いいように思います・・・

それを感じないで、とぼとぼと歩いていたり、
冷めた目をした子どもを見ると、もっと愛情を伝えてあげて~と思うのです。

そういう子は先生に甘えたり、下手をしたら、異性に甘えたり・・・
買い物とかで、解消しようとしていたり・・・

実際にそんな子、うちの子の周りにいます。
ちょっと悲しくなりますよ・・・

No title

愛を語るって難しいですね。今は、いてくれるだけで、安心していられる関係かなとも感じます。相手が喜んでくれたら嬉しいし、悲しいんだら悲しいそんな関係かな。
いつもコメントありがとうございます。リンクさせてくださいね。

よたろうさまへ

よたろうさまへ

恥ずかしながら、愛について書いてしまいました・・・

よたろうさまの記事からは、奥さまへの厚い信頼が感じられますし、
同じように奥さまのよたろうさまへの厚い信頼が感じられます。
いい夫婦ですね。(^_^)

お互いに信じる気持ちがあるからこそ、
お互いを認め、許せ、ありのままを受け入れられるのでしょうね。
本当にいつまでもそうでありたいと思います。

私のほうもリンクさせていただきますね。

No title

ご無沙汰しております。お久し振りでした。

人間の難しい一面をテーマにされてますね。
愛とは何か、自分にも分りません。
深く掘り下げて考えるとますます分らなくなりますよね。

人それぞれによって愛情表現する形は違うでしょうけど、
表現が下手でも、行動がぎこちなくても、
相手を労わる、相手を思いやる事で信頼関係が生まれ、
やがてそれが愛情に変わるんではないかと、
最近思うようになりました。

お身体いかがですか。あまりご無理をなさらないでください。

matsuyamaさまへ

matsuyamaさまへ

こちらこそ、ご無沙汰していました。
お久しぶりです。

> 人それぞれによって愛情表現する形は違うでしょうけど、
> 表現が下手でも、行動がぎこちなくても、
> 相手を労わる、相手を思いやる事で信頼関係が生まれ、
> やがてそれが愛情に変わるんではないかと、
> 最近思うようになりました。

おっしゃる通りかもしれないですね。

愛とは何か、難しいテーマです。
人により、とらえ方も表現の仕方も違うのですよね。
信頼感が生まれるような、そんな愛であってほしいなあと思います。
 
体のことを心配してくださって、ありがとうございます。
これでも、休み休み、動いてます。
でも、なかなか動かないでじっとすることができず、困りものです。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。