07
:
1
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


母親の気持ちをわかって・・・

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)

今日は、私のほうではとてもいいお天気です。

爽やかな風が吹いて心地よく、こんな日はお外へ出て・・・・・

と、いきたいところですけど、今日も家でお仕事のりーです。


さて、

昨日いただいたコメントをもとに、今日は書いてみたいと思います。


テーマは、< 母親はこう感じている > です。


これは父親に対しての、メッセージだと思ってください。

きつく感じたら、ごめんなさい・・・


読みたい方は、

↓ 下の < 続きを読む > へどうぞ。












結婚をして、子どもを産んだ女性というのは、

女性・妻でありながら、子どもの前では、母親になります。

産んでいない男性とは、やはり、その点が大きく違うのです。

これがわかっていないと、旦那さまは奥さまに文句を言われてしまう、

そんな風になってしまうのです・・・

では、そんな一般的な母親の心理を書いてみますね。


子どもを産んで、母親になると、

母親は、子どもがかわいくなってきます。

旦那さまよりも大事、となるわけです。もちろん、旦那さまも大事ですよ。

でも、それ以上に・・・


虐待って、ありますけど、あれも、

場合によっては、

とても深い愛情があるがゆえに、なりうることなのです。

逆にまったく愛情がない場合もあります。

それで・・・、ということもありますね。


今回は、虐待ではない場合、母親に愛情がある場合を書いてみます。


子どもに対する愛情、これがあると、母親は

一生懸命我が子を育てようとします。

赤ちゃんのうちは、ただ成長してくれたらいい・・・

となりますけど、

だんだんと子どもが大きくなるにつれ、そうはいかなくなってくるのです。


よその子と比べ、なんとかしようと思うようになってきます。

そして、いろいろなことをさせようとします。

そして、できる子にさせたい・・・と願うようになってくるのです。

特に問題のないお子さんの場合、

小さな子どもほど、なんでもすぐに吸収していくものですから、

その期待はどんどんと大きくふくらんでいきます。

うちの子って、すごい!、とね。

ここで、冷静になれる母親はいいのですけど、

やればできるようになる・・・そう思うようになるのですよ。

そして、どんどんとやらせようとするのです。


そして、母親の子どもに対する気持ちがほぼ100%になり、

その子どもがそれなりにできる子どもであると、

こんな風に考えるようになるのです。


母親の評価(地位) = 子どもの評価(地位)


子どもがすごい!と言われることは、母親が褒められることと同じ。

ですから、

子どもが、よりできるように・・・一生懸命になるのです。


さあ、ここで、父親が母親のやろうとしていることと逆のことをしたら?

どうなると思います?


子どもにとって、より成長できるようなことをすすめるのではなく、

子どもにとって、それは非常によくないと思えるようなことを・・・

例えば、ゲーム。

これを父親が、子どもが楽しんでいるからとやらせてみてください、

すると、母親は、

どうして私が一生懸命に子どもをよく育てようとしているのに、

あなたは邪魔をするのですか?

となるのです。


この奥さまの気持ちに旦那さまは気づかないで、

いつまでもそのようなことをしていると、

奥さまに、いないほうがいい・・・とまで思われてしまうのですよ。

もし、邪魔扱いをされている、とするならば、

この可能性は高いと思ってください。


でも、実はね・・・


この母親の行動の裏には原因があるのですよ。

子どもに一生懸命な母親は、

自分を認めてほしいと願っているのです。


誰も自分を認めてくれない、

一緒に生活をしている旦那さまですら、何も褒めてくれない・・・

そんな気持ちが裏にはあるのです。

認めてもらえない、褒めてもらえない、

だから、子どもに一生懸命になるのです。


子どもの評価 = 母親の評価 ですから・・・


子どもが褒められることは、一生懸命頑張った母親の努力のあかし。

このために一生懸命子どもに期待して、頑張らせるのですね。

この結果、子どもはどうなるのか・・・?

うまくいく場合は、いいですけど、

そうでない場合、想像してみたことがありますか???


以前、私の幼馴染みが心の病になっていると、書きましたけど、

彼女は一人っ子で、母親の期待を一心に背負って、生きていました。

子どものうちはうまくいっていても、

大人になって、上手くいかず、

母親には、ここまで一生懸命に育てたのに、

どうしてあなたはこうなってしまったの?とまで言われ、

あげくの果てに、心を病んでしまったのです・・・


一人っ子で、娘の場合、母親の存在は非常に重いです。

同性であるために、母親の気持ちもわかり、悩むのです。

大人になっても、いつまでも母親から逃れることができない、

そんな風になってしまうと、つらいですよ・・・


これを、断ち切ることができるのは、

子どもを救うことができるのは、旦那さま、あなたなのです。


先に書いたように、奥さまは自分を評価してほしいのです。

奥さまを愛情をもって、何よりも大事にしてください。

そして、褒めてあげてください。

そうすると、だんだん奥さまは子どもではなく、

旦那さまのほうに気持ちが向いていきます。


そして、奥さまに心にゆとりができてくると、

旦那さまが好きなこと、

それを応援しようという気持ちにもなるのです。

そうすると、ああしたい・こうしたいというものが

文句言われずに、遠慮なくできるようになってきますよ。


さあ、今日からでも、奥さまを褒めまくってみましょう。

そうすれば、旦那さまの未来は、明るいものになりますよ。

子どもにとっても、奥さまにとってもいいこと・・・

ぜひ、頑張って実行してみてくださいね。(*^_^*)

No title

おはようございます。
今回のつぶやきを読んで一般的父親の状況がわかりました。

自分で感じる事なんですが、僕も結婚以前は子供に興味が無く
きっと子供ができても子育ては何とかなるだろう、勉強も中位を
いけば良しかな?と考えていました。
で、子供ができると1歳までは奥さんも育休で家にいるから
良いんですが、仕事が始まると子育ては自営である自分が中心
でまわしていく、すると子供の事が気になってくる。
料理も栄養の事考えたり、好き嫌いを知ったり、しつけ、礼儀・・・
好きだったゲームをしていたら家事が回らないので大変!
しかしゲームはタバコや覚せい剤とおなじで、なかなか
止められない中毒です、家にあると止められないので
全て売り払いました。
そういう状況を実感していると子供にゲームって気になりません・・・
止める止めないで毎日の喧嘩の元です。
大人が止められないのに子供に止めろは無理ですね!

家事をやってみて少し母親の気持ちが分かってきます。
でも現在の日本で会社員の育児参加って難しいんでしょうね・・・
社会が忙しすぎです。

近所のスーパーで弁当の値段みたら290円!
そりゃあ数でこなすしかない・・・電化製品も日常品も・・・
少し値段が高くても国産にこだわってみたら、日本でお金が回って
物も大切にできて、会社員の給料も上がって、育児の時間もとれるかも?
なんてつごうの良い話ですかね。

日本のお父さん頑張りましょう!

話がまとまらなくてスイマセン・・・

K.トッシーさんへ

K.トッシーさんへ

おはようございます。
これを読むと、母親の感覚に近いお父さんという感じがします。
確かに世間のお父さんとは違いますね。
でも、きっとお母さんの気持ちがわかるからこそ、ゲームをやめるということも
できたのでしょうね。

本当にいいお父さんだと思います。
絶対に子どもが大きくなったときに、いい家庭で育ったと感じてくれると思いますよ。

世間のお父さん、K.トッシーさんを見習って頑張ってください!ですね。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示