08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ゲームをやらせない子育て

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


いただいたコメントより、

人が本来持っている「感覚」を失ってしまったのは、なぜなのでしょうか?

という疑問が浮かんできます。


幸い、うちの子にはまだその「感覚」があるのだとわかり、ホッとしました。

うちの子は、他の家庭とは違う子育てをしていたのでしょうか?

と問われると、

間違いなくそうだ、と言い切れる部分はあります。


一番の違いは、ゲーム機をあたえなかったこと。


上の子の時、2歳~2歳半ごろだったか、

すでにゲーム機を子どもに持たせているという家庭は、多く、

男の子の場合は、特に多い感じがしました。

まだ、オムツもとれていないのに、ゲーム?と

ものすごく不思議に思いましたよ。

ゲームで遊ぶということは、オムツがとれていないような子どもでも

できることなのですね・・・

今は、スマホで遊ぶ赤ちゃん・・・というのもあるそうで、

将来どう育つのか・・・?と考えると恐ろしくも感じます。


でも、与える母親の話を聞くと、当時


「 お父さんがやっているのを見て、自然にやるようになった 」

「 お父さんが買ってきて、与えてしまった 」

「 与えないと、いつかその反動で、はまってしまうだろうから、先に与えた 」

「 みんな持つようになったから 」

「 持っていないと仲間外れになりそうだから 」


まあ、いろいろと理由はあるようですね。


母親としては、最初からいいよ、というのは割と少なく、

父親が原因で・・・というのが、非常に多かったように思います。

母親は、子どもに与えても大丈夫か?と少しはためらうものがあるようですけど、

父親には、どうもそれがないようです・・・


今、うちの子どもやその女友達をみていても、

ゲームにはまっている子は非常に少なく、女性のほうがはまりにくいのかな?

とも思いますね。

逆に、男の子のお母様から話を聞くと、

ゲームに、はまってしまった男の子の場合、なしにすることは難しいとか。

これも、脳の違いでしょうか?

やり出したらそれに一直線?の男、いろいろとやることのできる女?


まあ、それはおいといて、

うちの子どもが、よその家庭の子どもと大きく育ちが違う点は

ゲームをしなかった・・・ということです。


では、

ゲームをしないで何をやって遊んでいたのか?と、なりますね。

女の子のせいなのか、基本はおままごと、人形遊びが主でした。

あとは、公園へ行って遊ぶ・・・(おしゃべりが多いかも?)

姉妹で遊ぶか、お友達と遊ぶか・・・

外の場合、ある程度大きくなる(2歳半~)と道具を持って行かない

ので、木の枝とか落ち葉とか石とか・・・

その辺にあるようなもので遊ぶ。

枝がはしになったり、葉がお皿になったり、

できあがっていないものは、想像して、

自由にいろいろなものに変えることができます。

子どもたちの中で、創造した世界ができるのですね。

お友達とそういったやりとりをする、

うちの子たちは、それを楽しむことができる子でした。

下の子は今も・・・?かもしれません。

未だにレゴで、いろいろなものをイメージして作って遊んでますね。

ですから、ゲーム機は必要はなかったのでしょう・・・

 ちなみに、ゲーム機を持っていないことで、

 いじめられる、仲間外れになることは一度もありませんでしたよ。

 少しやらせてもらう、というより、やってみなよという感じで、

 教えてもらう・・・ということもあったそうです。
 
 ゲーム機を持っていない子、ということで、お母様にぜひまた来てね!

 と歓迎されることも多かったですよ。メリット大ありです。


もちろん、主人がこっそりと遊ばせていることもありますけど、

それでも、すぐにゲームをやめることができるのは、

小さいときに与えなかったからではないかなあと思います。

私も洗脳?しましたしね。 

目が悪くなるよ、とか。

ゲームにハマってしまった子どもを見て、あなたどう思う?とか・・・

(↑ ハマっていた男の子たちを客観的に見ると妙に納得するらしい。

   女は冷静ですね。年上のお兄ちゃんを見せると効果ありです。

   ああは、なりたくない・・・と思わせること大事です。 )


ゲームは子どもにどう影響を与えるのか?

これはよくわかりませんけれど、

少なくとも、与えないほうが、

人間が本来持っている「感覚」を失うことはないかもしれません。


では、

今度は、大人は今なぜその「感覚」を失ってきているのか?

となりますね・・・

さあ、これは何が原因でしょうね?

便利になったことが原因としても、

それだけなのか、まだ他に原因があるのか?

しばらく、このテーマについて考えてみたいと思います。

果たして、答えはでるのか、でないのか・・・???

う~ん、(~_~;)。 まあ、じっくりと考えてみます。


< 後記 2014.7.24 >

たま~に、この記事に、

検索して訪問される方が、今もいらっしゃいます。

ゲームをやらせないことは、

特に、子どもに問題ない・・・

と、今でも、感じています。

ゲームがないと、困るかな?

と、親が思わなければ、

ゲームがなくても、大丈夫(平気)、

と、親が思っていたら、

子どもが、気にすることもないのではないかな・・・?

結局、

親の気持ちが、子どもに伝わる・・・

そんな気がします。

親が、こうだ!という強い意思を持っていること、

これが、何よりも大事なのではないでしょうか・・・?


ゲームに限らず、何にしても、そう・・・

子どもが、反発したとしても、

親がきちんとした考えを持っているのであれば、

 ( よそが、こうだから・・・、誰かがこう言っているから、
   ではなく、
   自分が、こうと思っている、というぶれない考え)

子どもも、いつか納得していくもの・・・

ではないかしらね・・・?


まずは、

親が、

よそがどうだから・・・

誰かがこう言っていたから・・・

というものに、流されないこと。

これが、一番、大事ではないかしらね・・・?










管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

二人の鍵コメさま方へ

二人の鍵コメさま方へ

このコメントには、あえてお返事はなしにしますね。(^_^)
何かあれば、そちらでお伝えします。

Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。