08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










公共の場での子ども

こんにちは、りーです。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(^_^)


昨日の午後から、体調がひどく悪く、午前中は病院へ行っていました。

かなり待たされ、疲れ気味ですけど、

ちょっと気になったことを簡単に書いてみます。

批判的にならないように、注意して・・・


< 病院で思ったこと >


人間観察が趣味?ではないですけど、人を観察すると面白いです。

今日は、子どもが多く、いつも以上ににぎやかでした。

よ~く、見ていると、

にぎやかな子どもと、静かな子どもとがいるのです。

この違い、

見てわかったのは、親(祖父母もあり)が、

にぎやかであるかどうかで、違っているのですね。


病院というのは、公共の場である、と私は認識していますから、

自分の子どもが一緒にいる場合、

話さなくてはいけないとき、いつも小さな声で話します。

隣で座って待っている人が、気にならないようにと、

気をつかうのです。


基本的には、話をしない。静かに待つ。


そのせいか、私の子どもたちは、病院で騒ぐどころか、

はしゃいだり、走ったりすることもなく、

いつも隣で静かに本を読んでいる・・・そんな感じです。


でも、

今日観察していると、子どもがにぎやかで動き回っている場合、

親(祖父母)の声が大きいのです。

家で会話する声とボリュームが同じ。

要は、家と公共の場との区別ができていないのでしょう。


子どもは、親の姿を見て、同じように行動します。

それで、親と同じように、声を出すのですね。

親が普段通りであれば、子どもの同じように、

親がいつもと違う行動をとれば、子どもの違うと感じとる・・・

今日、観察していて、そう思いました。

母親が小さな声で話しかけた子どもは、

同じように小さな声を出していました。


親は、子どもの鏡ですね。


一歩自宅を出たら、公共の場・・・

それくらいの認識を大人はもっていいのではないかしら?と

思います。

最近、ご近所にできた新しい大型マンション宅に遊びに行くと、

子どもが廊下・階段・エレベーターではしゃぐ、走り回る・・・

こんな光景、頻繁に見るようになりました。

マンションも、家を出たら、自分の家ではなく、公共の場として

認識してほしいなあ・・・と思いますね。

子どものいない家庭もいらっしゃいますし、

子どもは、にぎやかで当たり前・・・ではなく、

少しは子どもにも

「公共の場」を認識させる必要があるのではないかしら?と

思うのですけど・・・

あまりにも、子どもをほったらかし過ぎで、気になるわあ~。

みなさんは、これでいいと思います???



・・・ああ、また愚痴になってしまいました? 

読んで、これが批判的で嫌だと感じられた方、正直にお知らせください。

私も文章の書き方を学ばなくてはね!









No title

こんばんは

30年以上前のこと、電車内のことを思い出します。
奇麗な服装をした母親と小学校高学年くらいの娘さんが座っていました。その隣に途中から乗車してきた就学前の子どもとその母親が座りました。座ったらすぐ、鞄からお菓子を取り出し、こぼしながら食べ始めます。こぼすお菓子が隣の席に降り掛かろうとお構い無し。そのうち子どもは靴を履いたまま座席の上に立ち、お菓子を食べ、周りにこぼしながら、ピョンピョン跳びはじめました。母親は子どものそのような行動を止めるでもなく、せっせとお菓子を食べています。
はじめに座っていた奇麗な服装をした親子は、居たたまれなくなって席を立ち、他の車両に移動していいきました。
私も唖然としてその光景を見ていました。

そんな日が経っていない時、ある方に会った時、その光景の話をしました。その方曰く「その子ども、成長して親になったらら同じことを繰り返すで!、悪の再生産やな!」
それから30年、その子どもは30歳代、なにか大きなきっかけがない限り、きっと同じような行動を至る所でやっているのではないでしょうか。

電車の中で若い女性が化粧をする、若者がコンビニの前で道路に座って弁当を食べている、など数年前に話題になりました。
最近は当たり前になったのか、話題にものぼりません。

自分だけの空間(自分の部屋)がどこまでも広がっているような感覚でしょうか。

どうしてこんなになっちゃたんでしょうか?
個人、個人の問題でもありますが、それを「許す」社会の問題でもあります。
こんな現象を始めとして「ケータイを持ったサル」(正高信男、中公新書)が分析しています。(もう一度読み返してみようっと。)


m.k.masaさまへ

m.k.masaさまへ

30年も前からそのような状況では、
今のお母様方がそのように育っているということで、
かなり深刻な事態であるように感じます。
本当に「悪の再生産」ですね。

人は、どんどんと野生化していっているような気がします。
本能のままに生きること、だんだんと退化していっているのですね。
物はどんどんと進化すればするほど、そうなってしまうのでしょうか?
いったいいつからそうなのか?と気になってきます。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。