06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


つぶやきその93

先日、内戦中のシリアで

ジャーナリスト・山本美香さんが亡くなられました。

みなさんは、この方をご存じでしょうか?


今朝の子ども向け新聞に、山本さんのことが載っていました。

この話になったとき、子どもたちが、こう言うのです。


「この人、知っているよ。かなり前から知っているよ。」


話を聞くと、新聞やいろいろと子ども向けの本に載っていたとのこと。

つい最近、山本さんが載っていた雑誌を見せてもらうと、

戦争(内紛)の現状、そこにいる兵士の話など、

読んでいると、子どもでもわかるように、書かれていました。


よく「二度と戦争を起こしてはいけない」という言葉を使います。

それを今の子どもに教えるには、限界があります。

戦争を体験していない私のような親たちでは、無理です。

本を読んでいても、過去の話では、実感もなかなかわいてきません。


今、世界で起きている事実、

それを子どもたちにわかるように伝えるということを、

山本さんはされていたのだなと思うと、

今回の死は、残念でなりません。


山本さんのご冥福を心からお祈りします。









管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメさんへ

鍵コメさんへ

子どもたちに訴えていたこと、
子どもたちの一生を、こう終えないようにと願ったことと
ご自身の一生が反対の最期になってしまって、
本当に心残りでしょうね。

今の子どもたちに伝えることで、
戦争をなくし、平和をもたらせるようにする、
これを何よりも考えられていたのでしょうね。

少なくとも、彼女の訴えようとしていたことは、
彼女を知った子どもたちには、伝わっていると思います。
うちの子どもたちを見て、そう思います。
それが平和につながることを願っています。

命を捧げて伝えたこと

本当に私もそう思いますね。

お恥ずかしながら私は山本さんのことをそれほど存じませんでした。
NHKの番組にも出演されたり、子供向けの本を書かれたり、それなりに有名な方だったんですね。

まったくの民間人の、しかも政府軍が「制圧」すべき対象でもない異国のジャーナリストを、面と向かって認識できる距離から乱射した政府軍の兵士を許せません!
そもそも政府側が武力によって国民を「制圧」したり「殺す」なんて行為そのものが人道に反し、絶対にゆるされるものではありません!
そんな国家指導者を、どうして国連はどうすることもできないのか?国連とはそんな無力な存在なのか…?

そんな怒りがこみ上げてきます。長年一緒に連れ添って一緒に取材されてきた男性、山本さんのご遺族の哀しみはいかばかりか…

でも、そのように遠くの社会で起きた事件に対して「怒り」を覚えるだけでなく、みずからその戦地に赴き、銃弾の飛び交う場面・赤ちゃんを可愛がる市民・政府軍と戦う兵士たちを至近距離でずっと取材し、そこで見たまま感じたままを世界に向けて発信する力…

一見ごくごく普通の女性の笑顔をした山本さんにそれだけの力を与えていたのはいったい何なのか?
山本さんの意思とその素晴らしい功績を決して忘れてはいけないと思いますね。

Re: 命を捧げて伝えたこと

第一楽章さまへ

今回、子どもに山本さんのことを教えられた私です。
お恥ずかしい限りです。

今回、うちの子どもたちが、どんな人なのかを言える、ということにひどく驚きました。
それだけ、山本さんの言葉、取材を通して訴えたかったことがうちの子どもたちに伝わっていたのだと思います。
子どもはそういうことを敏感に察して、受け止めますね。

ごく普通の人が戦地で戦っているということ、子どもたちは、山本さんの取材で知ったのですね。
自分たちと同じごく普通の人間が戦わなくてはいけないこと、このことを知ることで、
戦争の怖さを知る、そして、戦争をしない世の中にしたいと感じたようです。
遠い世界の話、自分とは関係のない世界の話ではないということ、これを感じることが大事なのでしょうね。
それをされてきた山本さんを、乱射したということは本当に許せないことだと思います。
防ぐことができなかったのかと悔やまれます。

国際社会の非力さ

それをやらせているトップは、他ならぬアサド大統領です。

政治・思想・宗教・過去…どんな理由があるにせよ、国民の命を奪うような指導者は人道的に許されません。非人道的な国の指導者は、国際社会がその権限をはく奪して裁く必要があります。


なのに国連は結局のところ何もできないのでしょうか?
オランダのハーグには国際司法裁判所があるはずなのに、いったい何をしているんでしょうか?
どうしてこんなことが国際社会で許されるのでしょうか?

Re: 国際社会の非力さ

第一楽章さまへ

国連の果たすべきこと、なぜできないのか?ということは疑問に感じても
さまざまな現状がはっきりとわからないだけに、なぜなのかはわかりません。
シリアに限らず、非人道的な他の国の指導者をそのままにしてはいけない、と
国連が、そのために力を発揮できないことは、どういうことなのでしょうね?
国際平和を目的としていながら、それができないことに対して、ただ憤りと非力さを感じるだけです。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示