10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ

昨日、ちょっとだけ…ね、しんみりとしてしまったかな?


最初は、ラフマニノフのヴォカリーズを聴いていたのですけど、

なんとな~く誘われたような気がしてふと見たら、この曲。

もしかしたら、この音に誘われたのかもしれない・・・

なぜでしょうね?



ラヴェル の 亡き王女のためのパヴァーヌ



なんか、今の気持ちを表すにはちょうどいい。

とても静かで、しんみりとしていてね・・・

何も言葉はいらない。

もしよかったら聴いてみて、そんな心境を感じ取ってみてください。

辻井伸行くんの演奏が、ぴったりかも・・・


↓ 聴いてみてください。(CMつきです)

ラヴェル 亡き王女のためのパヴァーヌ

↓ 小澤征爾さん指揮のオーケストラ演奏で
S. Ozawa Conucts Pavane pour une Infante Defunte (Ravel)


↓ 辻井伸行くんのCD

debut




* この曲について、書き直しましたので、

  ↓ よかったら、そちらを、読んでみてください。

「亡き王女のためのパヴァーヌ」 ピアノ版 その2


~~~~ 過去の関連記事 ~~~~

 ラフマニノフ 「ヴォカリーズ」 









No title

こんにちは。

ラヴェル の 亡き王女のためのパヴァーヌは
とっても好きな曲のひとつです。
ずっと昔、テレビ番組で使っていたのを聞いて
心に残って探していて、その後ラヴェルの曲と
分かったのですが、 それからずっとお気に入りです。

物悲しい感じの中に、キラリと光る、思い出の郷愁と
当時の情景が浮かんでくるような、不思議な感じ。
悲しいだけでなく、心がストンと落ち着くような。

今日は静かにゆっくりと過ごそうかな、と思いました~・・。(*^_^*)

こんにちは。

いい曲ですよねぇ♪


娘たちが中学の時に吹奏楽部で演奏しました

ホルンがスベってしまい、ホントに悲しいパヴァーヌになってしまいましたが(涙)

ゆーさんへ

ゆーさんへ

私もこの曲が大好きです。
ラヴェルの曲は、好きですね・・・
ゆーさん、詩人だわ~。

この曲を私はうまく表現できないですね・・・
冷静に聴けない、その世界に入り込んでしまう曲です。

美昇さまへ

美昇さまへ

昨日はお気遣いありがとうございました。
あとからいろいろと考えてくださったのは嬉しいです。
そんな風に真剣になって考えられる美昇さまですから、
娘さんからは、いいお父さんだと思われていらっしゃるでしょうね。

この曲は、吹奏楽でも演奏するのですね。
悲しいパヴァーヌ・・・
一層悲しさが増して、演奏者・聴衆共々、大泣き・・・でしたね、きっと。
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示