08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










サン=サーンス 死の舞踏(Danse macabre)

おはようございます。

10月も終わりに近づいてきましたね。

ハロウィンももうすぐですし、そのイメージに合いそうな曲を

紹介します。


カミーユ・サン=サーンスの 「死の舞踏」


アンリ・カザリスの詩「死の舞踏」をもとに

サン=サーンスが作曲したという曲。

 ジグ、ジグ、ジグ、墓石の上
 踵で拍子を取りながら
 真夜中に死神が奏でるは舞踏の調べ
 ジグ、ジグ、ジグ、ヴァイオリンで

 冬の風は吹きすさび、夜は深い
 菩提樹から漏れる呻き声
 青白い骸骨が闇から舞い出で
 屍衣を纏いて跳ね回る

 ジグ、ジグ、ジグ、体を捩らせ
 踊る者どもの骨がかちゃかちゃと擦れ合う音が聞こえよう

 静かに!突然踊りは止み、押しあいへしあい逃げていく
 暁を告げる鶏が鳴いたのだ


                    ~ Wikipedia より 抜粋 ~

という詩(日本語訳)です。


これを想像したら、悲鳴をあげたくなりますけど・・・

午前0時に時計の音が鳴ると、お墓から骸骨が出てくるわけですからね。

シロフォンの音が骨のカチャカチャと擦れ合う音というのが

面白いですか?

楽しそうに踊っているような音に聴こえるのですよね・・・

きっと死んでも踊りはやめられない楽しいものなのでしょう。

最後、慌てて元に戻ったあと、なぜか悲しくも感じる音。

やっぱり、踊りの時間が終わって、残念・・・

という気持ちになるものなのでしょうか???


ああ・・・ちょっと想像すると気分が・・・

苦手です。この手のもの。


この曲は、ピアノに編曲されたものもありますけど、

オーケストラの方が勢いがあって、好きです。


もしよかったら聴いてみてください。

↓ 申し訳ないですけど、CMつきです。(オーケストラ演奏で)

Saint-Saëns: Danse Macabre

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ アーナルド・コーエンのピアノ演奏で 
   ( こちらは、リストがピアノ編曲したもの)
Franz Liszt - Saint-Saens - Danse macabre, S555/R240

↓ ホロヴィッツのピアノ演奏で
  ( ホロヴィッツが、リスト編曲版をさらにピアノ編曲したもの)
Vladimir Horowitz plays Saint-Saëns/Liszt/Horowitz Danse Macabre

~~~~~~~~~~~~~~~~

↓ オーケストラのCD

サン・サーンス:交響曲第3番



↓ アーナルド・コーエンのピアノのMP3
   (1曲目になります。)

Liszt: Danse MacAbre / Totentanz / Nuages Gris (Liszt Complete Piano Music, Vol. 1)



↓ ホロヴィッツのCD

アンコール



↓ ホロヴィッツのMP3

Danse Macabre, Op. 40












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。