10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


子育ては「プラス思考」で

みなさん、ご訪問ありがとうございます!(^_^)


最近、音楽ではなく、深刻な記事ばかり書いているにもかかわらず、

訪問してくださる方々がいらっしゃること、嬉しく思います。


まだまだ痛みがひどいですし、

息苦しさや手のしびれのようなものがあって、

正直、こうして入力することはつらい状態です。

入力後、その日一日、手に力がまったく入りませんから・・・


それでも、今、書いてみたいと思います。


ある問題について、書かないでいること、

それも私としては、ずっと気になっていました。


そのことを、書いてみたいと思います。




テーマは、「いじめ」。



最近、「いじめ」の問題が取り上げられていて、

かつて自分の子どもに起きたこと・・・が、思い出されます。


たいしたことではない・・・


周りが、もしそう思っていても、

やられた本人が嫌だと感じているのであれば


それは、「いじめ」です。



うちの子が

立ち直りが早く、いつまでも、そのことにとらえられることなく

今、前向きに明るく生きているのは、


「プラス思考」


であることが、最大の原因だったのではないかな?、と思っています。



問題ありあり・・・で、今日まで生きてきたうちの上の子。

それは、周りからみたら、かなり変わっている子。


幸いにも、ずっとそれを受け入れられてきたのですけど、

ある年になって、転入生がたくさん入ってきました。

その子どもたちからみたら、

うちの子は、異質に感じたのでしょう・・・


やりやすい相手だ、


と、多分思ったのだと思います。


何かをしても、ニコニコして笑っている、

何かをしても、何でもない顔をしている、

何かをしても、文句を言わない、


それは、やってくる相手にとって、恰好の対象。


そして、だんだんとエスカレートしていくのです・・・


子どもの様子がおかしいのは、すぐにわかるものの、

その年はPTA役員になってしまったことで、

家で、話をゆっくりと聞くこともできず、

( ↑ モンスターママから、ひっきりなしに電話が鳴るのですよ)


先生に確認することができない状況にあって、

対処に時間がかかってしまい、

完全になくなるまで、数か月もかかりました。

子どもには、本当に申し訳なかったですね。


この件は、かなり私も裏で頑張ることになり、

運よく解決できたわけですけどね・・・


( この件以来、

  子どもが帰宅時間には家にいる、帰宅時の顔を見る、

  必ずこれをするように心がけています。

  在宅で仕事しているのは、このため・・・ )




このいじめの件、

子どもには、いつも言ってきたことがあります。

「 あなたは、何も悪くはない。」

「 あなたはよく我慢して、頑張ってきた。」

「 相手の子は、必ず何か悩みを持っている、

  それがあるから、いじめてくるのだ。 」



いじめというのは、やめなさい!では、おさまらないです。


いじめている子の根本にある悩みの原因を解決しない限り

何を言っても、何をしても、またやってきますね・・・


いくら先生に、いじめられないように努力してほしいとしても、

いくら親御さんに、やめさせるように努力してほしいとしても

無理なのです。


いつまでも変わらない、いじめの場合、

その根本的な原因は、いじめてくる子の親の姿勢にあり。


それを、相手の親御さんを絶対に怒らせないように

どう伝えるか、どうわからせるか・・・

これが大事になってきます。


でも、親のほうはなかなか難しい。

聞く耳を持たない親だから、子どもが好き放題な行動にでるわけですから。


そうなると、その子ども、

一人一人に対して、向き合うことが大事になってくるのですよね…

そんな子どもに対して、叱る!なんてしたら、非常にまずい。


学校の先生に対して、

一番に対応していただくには、その相手のお子さんの話を聞いてもらう、

叱るのではなく、話を聞く。

悩みを言えるような信頼関係、これがなくては、話をしてくれませんしね。



うちの子をいじめてきた子どもたちは、

受験勉強に追われている子たち、

しかも、親はまったく話を聞けない、

勉強や習い事ができることで、

子どもに価値があると思い込んでいる親・・・

そんなお子さんたちでした。


それも、私もママさん方からの情報で

調べてみてもわかったわけですけど、

うちの子には、そういうことを含めて話をして、

どう向き合っていくといいかを話をしました。


そんな風にしてきたからなのか、

いじめてくる相手の子どもたちが、最終的に謝ってきたときに

うちの子は、すんなりと許すことができました。


それがよかったようで、

いじめてきた子どもたちと、今、かなり仲よくできているのですよ。

本当に仲がよい・・・


過去のことにいつまでもとらわれていたら、

相手もそのことが、頭にあって、

今でもうまくいかなかったのではないかしら?


うちの子も、

いじめてきた相手が実は、深刻に悩みを抱えていたのだ・・・

と考えることで、

相手が悪い!と決めつけることもなくなります。

そして、

いつまでも、いじめられてきた過去にとらわれることもなく、

これから仲良くやっていける・・・

という、明るい希望も持つことができるわけです。


しかも、

いじめられた経験をしても、それを乗り越えられたというのは、

ものすごい自信につながっています。

たとえいじめられても、解決できる・・・

そんな強い思いを持っていますね。


このいじめの件以降でも、ちょっとしたトラブルは何度もありますけど、

それを対処できる、そんな自信があったからこそ、

相手に対して、嫌であることをはっきりと言えるようになりましたし、

それで、気まずい状況にはなったとしても、


それも時間がたてば、もとに戻る・・・


なんていうことも学んで、

明るく前向きに生きています。



自信って、すごいですね・・・



こうして、やってこられたのは、

もしかしたら、「プラス思考」で育ててきたからではないかな?と

よく思うのです。



うちの子は、たとえ、100人中99人ができない・ダメと言っても、

1人ができる・いいよと言ってくれたら、大丈夫~♪なんて

感じのところがあります。


要は、いじめられているとき、


クラスのほぼ全員がいじめているような状況でも、

たった一人のお友達が、

「味方だよ!」

と言ってくれただけで、

私は独りぼっちではない、だから大丈夫だと、考えられる子と、

たった一人しか味方がいない、だから心配だと、考える子では、

状況が変わってくるのです。


うちの子がいじめられている中、

何人かのお友達が心配してくれていました。

それが支えとなっていて、私は大丈夫だと考えたからこそ、

いじめを乗り越えられたとも思うのです。



子どもは、「プラス思考」で育てるべきである・・・

「プラス思考」で育てた子どもは、ピンチで強くなれる・・・


そんな風に思う今日この頃なのでした。




・・・・・・・・


あああ~、またも長く書いてしまいましたね。手がフラフラ~。(>_<)

ちょっと気持ちが元気になると、真剣に書いてしまう、



これって、病気かも??? かなり深刻だわ~。



次回からは、音楽に戻しますね・・・


でも、

かなりフラフラ状態で書いたので、しばらく休むかも~?。 体調悪いです・・・









No title

りーさん♪ おはよぉ~
無事退院。。おめでとうです♪
まだまだ完全復調には程遠いようですが。。
あわてず。。マイペースでねっ♪

近頃。。テレビに出ているいじめ。。
嫌ですね。。
どうして『死』という結論に辿りづかなきゃいけなかったのか。。
その子の気持ちを思うと、やりきれない思いです。。
親御さんはもっとなんだろうなぁ。。

前向きに生きてこられたりーさん一家はすばらしいって思います♪

No title

おはようございます。

そう「プラス思考」

「ひとりぼっちじゃない」という認め合う人の存在

「いじめ」という表面上の行為をいくら禁止しても、本質的な解決にはなりませんね。「いじめている」本人は「いじめ」という意識なんてない場合が多いようですから。

taka*さんへ

taka*さん、おはようございます!

> 無事退院。。おめでとうです♪

 ありがとうございます。これからが本当の入院になるのですけど、
 死に至る病気でもないので、気楽にしています。

> 前向きに生きてこられたりーさん一家はすばらしいって思います♪

 運がいいというのもあるでしょうね・・・

 最初にどう手を打つのか・・・(まるで、囲碁将棋?)
 これで、その後を大きく左右してしまうので、
 イジメに関しては、早急に正しい対処が必要なんでしょうね。

 前向きに過去をいつまでも振り返らないって、生きる上で
 大事だなあ~と思います。 

m.k.masaさまへ

m.k.masaさまへ

おはようございます。

自分は「ひとりぼっちじゃない」って思えること、
本当に大事だなと思いますね。

「いじめている」本人は「いじめ」という意識がない・・・

そうかもしれないですね。
ストレス解消、やることで、すっきりとする、そんな感じでしょうか?
Secre

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示