08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ショパンの舟歌について

こんにちは。

いつもご訪問していただき、ありがとうございます。

ご無沙汰しております。


今日は、思ったことを書いてみます。


このブログを始めたばかりの頃の記事は

ほとんど読み返すことがないのですが、

どんな風に書いていたのか気になった記事が一つありました。


ショパン 舟歌


たまたま弾いてみたくなって

先月弾きました。

偶然にも、

先日テレビでも取り上げていたのでそれを観ました。

そういう曲だったのか・・・

と知ることで、自分の書いた記事を読み返してみました。

少し恥ずかしく、

よく書いていたなあと感心するやら。


当時は、かなり明るい心境で感じていたのですね。


今、かなり疲れているのかもしれません。

気持ちがかなり落ち込み、

正直生きることがつらく感じていました。

だからこそ、

この曲を弾いてみたくなったのかもしれないと

テレビを観て思ったのです。


ショパンはこの曲の作曲時、

病気が悪化し、死を意識していたかもしれない時期でも

あったらしいとのこと。

もし、そうであれば、

この曲は在りし日の思い出を

振り返るだけのものであったのかなあ?


現実と過去。


今が幸せであれば、在りし日の美しい思い出を

振り返っただけの曲と感じるだけかもしれません。

私もそうだったようです。

そうでなかったらどうなの?


時々思うのです。

幸せに生きている人の見方。


クラシックの演奏家(音楽家)の方々は、

非常に恵まれた生活をしているのかもしれません。

でも・・・

苦しみを感じながら生活をしている人の見方。

前者とは、ちょっと違うのです。


過去のクラシックの作曲家、

恵まれて生活をしていた人はどのくらいなのでしょうね?

今私が感じているショパンの舟歌は、

ただ過去の幸せな光景を振り返っているだけではない・・・

なんて、

感じながら、弾いてました。


これを読まれた皆さん、

私のような感じ方でないことを祈ります。


私は今、かなり疲れてしまっているようです。

でも、

まだまだ休めないなあ・・・

体の元気がでないと弾けないピアノ。

今度弾くときは明るい気持ちでピアノに向かえますように・・・













Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。