10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


ショパン 12 Etudes Op.25-12 「大洋(Ocean)」

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


退院しました。

入院中、聴いてみたいと思った曲があったので、

とりあげてみます。


ショパン の 

   12 Etudes Op.25-12 「大洋(Ocean)」


この曲、とてもドラマチックな感じがあり、

エチュードの中でも好きな曲でした。

ピアニストのようにさらっと弾けるような曲ではなく、

とてもとても難しい曲ですが・・・


今の状況で改めて聴いてみると、

これまで以上に胸を打つ感じがあります。

泣きたくもなってきます。

この曲は、

何度も病で苦しむ自分と重なるような気がしてくるのです。

希望を抱いては、その希望が消えてなくなってしまうようなこと、

何度もあって、

これ以上あってほしくはないと思うのですけど、

またか・・・とこの先を案じ絶望感を感じてしまう

そんな自分がいて、

何度も何度も、そんな中で希望の光を探し、

それに向かって、生きていこうと思うのです。

今回、退院し、

これでもう大丈夫と思えるのであればよかったのですけど、

病院を去り、

きっとまた戻ってくるような気がする、

いえいえ、まだ必ず、戻ることになるだろうなんて、

考えたくもないけれど、

体が徐々にそう言ってくるので、

たぶん、またそうなるんだろうなあ・・・と

ほとんどあきらめています。

それでも、

変われるかもしれないと思い、

さらに生きようとする自分もあります。

半分あきらめ、半分希望を持つ。

そんな生き方、おかしいでしょうか?


この曲は、

そんな自分の気持ちを表しているかのようで、

泣けてくるのです。

みなさんは、この曲を最後まで聴いて、

生きる希望は見えるでしょうか・・・?

なぜか、今の私は、

そう感じません。

むしろ、

今のまま、生きる覚悟を持ったかのように感じます。


生き続けること、

とても大変だと感じます。

ごくごく普通の健康状態であれば、

そんなこと考えもしなかったこと。

ごくごく普通でいられたらなあと常に思います。

体が動かなくならないように、

こうしなくてはああしなくては と気をつかって生きること、

明るく振る舞って生きること、

それに苦痛を感じている今日この頃です。

気持ちの限界に一歩一歩近づいているようです。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マウリツィオ・ポリーニの演奏で
Pollini plays Chopin Etude Op.25 No.12 (Ocean)

↓ ウラディミール・ホロヴィッツの演奏で
Vladimir Horowitz plays Chopin "Ocean" Etude Op.25 No.12 in C Minor

↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で
Chopin Etude Op. 25 No. 12 "Ocean etude" (Vladimir Ashkenazy)

↓ ジョルジュ・シフラの演奏で
Georges Cziffra - Chopin etude no.12 op.25

↓ アルフレッド・ドニ・コルトーの演奏で
ALFRED CORTOT - Chopin Etude no.12 op.25









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示