08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










テレビに映るクラシック演奏家の表情

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


またも、入院。

神様が休みなさいと言っているのよ、

と看護師さんに言われてしまいました。

しっかり休ませていただいたおかげで、

回復してきました。


ということで、時間があるので、

日頃感じていることを書いてみます。


テレビで演奏を聴くこと。


大きなホールと違って、

演奏者の顔がしっかり見えて、

それが嬉しくもあり、嫌でもあり・・・


先日は、演奏が終わった直後のドヤ顔?

あれは、観客に向けたものではなく、

演奏仲間か指揮者に向けてのものに見えて、

う〜んと考えさせられてしまった。

一緒に演奏するからと言って、

仲良いというわけではなく、

むしろ、ベテランが若者を見下しをしている?

なんてこと、

多々あるのではないか?

と、深読みしてしまいます。

演奏直後の冷ややかな目。

頻繁に見られます。

良し悪しは、観客が決めるもので、

拍手や反応で、わかるもの。

あまりよくない演奏だったとしても、

無拍手なんてないだろうから(たぶん)

拍手をくださる観客に対し、

お礼の気持ちを全面に出すべきでは

ないかしら?

お金を払ってきてくださった方々に、

ありがとうの気持ちを持っていないのかしら?

とても不思議。

私達の演奏を聴かせてやった、

なんて、

思って演奏をしているのでしょうか?

そうであれば悲しいことです。

もし、

最高の演奏ができなかったのであれば、

申し訳ない、

と思うことが先で、

演奏仲間を批判する気持ちは後にすべきでは

ないかしら?

定期的に足を運んでくださる

固定ファンはいるのでしょうが、

年齢層は、どうなのでしょう?

高齢化していません?

今の子どもたち。

吹奏楽をやっているからといって、

クラシックの演奏会に興味を持つわけでもない。

うちの子の周囲は、

全く興味がないらしいです。

私世代でも、興味を持っているお友達は少ない。

おそらく、観客は減っていくでしょうね。


そういった将来のことも考えて、

テレビに映し出される表情にも

気をつけられたほうがよいかと

思います。

いつも見られる立場である、

ちょっとした表情も

今はネットであっという間に拡散される

危険性もある、

ということも意識されることを

おすすめします。


・・・私だけかしらね?

こんなこと思うのは。



















Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。