06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


狭い防音室と耳

おはようございます。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


今日はピアノの防音室について、感じたことを書いてみます。


うちの子が近所のピアノ教室の防音室を借りて、
何回か練習に行かせて、
その後、家で音を聞いた感想です。


うーん? 音が弱々しくなった?

狭い防音室。

ピアノ一台分の狭さの場合、
ちょっとポンと軽く、音を鳴らしただけで、
音がよく響きます。

狭い防音室で、
ペダルを使って、大きな音を出せば、
普段弾いている部屋と比べたら、
驚くくらいに響きのよさを感じます。

それが、悪い影響を与えたか・・・?

以前、ピアノサイズ程度の防音室で、
金管の練習をしたら、どうか?

子どもに聞いたことがあり、

「金管を狭い防音室で吹いたら、
音がうるさくて、練習にならないよ。」と、

言っていたことを思い出しました。

狭い空間での練習は、
思いっきり練習ができるというメリットがあるものの、

楽器演奏が、
耳で音を聴きながらするものである以上、
いい演奏ができない

ということなのですね・・・


ピアノサイズギリギリの防音室。


もし、家に防音室を作るのであれば、
サイズは、大きなサイズにしないと、
コンサートホールでの演奏の際、
音量調整が難しくなるのですね。

まあ、耳で聴きながら演奏をしてさえすれば、
問題はないかもしれないけれど、
耳で音を聴いて、音の響きがわからない人の場合

よく聴こえないよ?

という演奏になってしまうかもしれません。

最近の子ども達。

ピアノ発表会で、そういった
弱い音で弾く子が多いなあと思っていました。

サイレントタイプのピアノ、
電子ピアノ、
を使っている子だけではなく、
狭い防音室で練習している子もそうなってしまうのだと

今回、思いました。

成長期の子どもの場合、要注意かも?
すぐに影響を受けるようですから・・・

今後は、広いレンタル室を借りるようにしなくては、

と思いました。

いい演奏。

現代の住宅環境で、子どもにさせるのは、
難しいことなのかもしれませんね。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示