06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ハイドン  ピアノ・ソナタ 二長調 Hob.16-37

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


今日は体調も比較的よく、

気分が上向きになってきたせいか、

久しぶりに音楽が聴こえてきました。

元気が出てくると聴こえてくるのが、

いつも決まって

 ニ長調 ・・・

音占いの結果は面白いと常々思います。


ハイドン の ピアノソナタ ニ長調 Hob. XVI:37


曲の出だしが、勢いあって明るい曲調です。

とはいえ、

この曲の第2楽章はニ短調となり、

とても厳かで重々しく、宗教的な曲になります。

立ち位置が変わったというのか・・・

急に、世界が現実から

別世界へと変わったかのような妙な感じになります。

そして、なぜかしんみりとしたものを感じるのです。

第1楽章とは対照的な感じが面白いです。

第3楽章は、ニ長調。

元の世界へ戻って、ホッとします。

軽やかに踊っているような感じで明るいです。


子どもころ、『ソナタアルバム1』で、

このソナタを弾きました。

懐かしい曲です。


後々に、

エッシェンバッハのCDに出会い、

第1楽章を彼のようなテンポで弾いてみたら?

なんて、マネを試みたものの、

どこか違う?

子どものころは、そこまで速く弾いてませんでしたから・・・

下で、取り上げるワルター・クリーンの演奏くらいのテンポで

弾いていたかと・・・

この曲は、

子どものころに抱いたイメージを

そのままにしておきたいなんて、思ったものです。

この曲の第1楽章、

だんだんとテンポが速くなっていきがちです。

そうならないよう、

子ども心に気をつけて弾いていたような気がします。


・・・同様に、

彼のチェルニーのCDもいくつか買いましたけど、

チェルニーの方は、

より面白く弾くことができるんだという新しい発見もありました。

もう一度、弾いてみたら、

自分の演奏の新しい可能性が見えてきたので、

もっともっと、と夢中になって弾きました。

覚えていないけれど、

CDを買ったのは、20歳過ぎたころでしたか・・・?

大人になって、

再度子どものころ弾いた曲を弾いてみるのも

面白いですね。(^_^)


もしよかったら、聴いてみてください。

↓ クリストフ・エッシェンバッハの演奏で
Christoph Eschenbach: Haydn - Piano Sonata in D Major, Hob. XVI: 37

↓ リリー・クラウスの演奏で
Lili Kraus plays Haydn Sonata in D Major Hob.XVI/37

↓ ワルター・クリーンの演奏で
Haydn Sonata Hob.XVI,No.37 , Walter Klien

↓ アレクシス・ワイセンベルクの演奏で
Alexis Weissenberg plays Haydn Sonata in D, Hob. XVI.37


↓ ワルター・オルベルツのハイドンピアノソナタ全集のCD

Haydn: The Piano Sonatas













Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示