06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


グラナドスの「アンダルーサ」を聴いてみて

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


先日書いた記事、

印象に残った演奏(モーラ・リンパニー) に関連して

少しだけ書いてみます。


何気なく、先程、

あるピアニストの

グラナドスのアンダルーサの演奏を

聴いてみました。

今まで、自分がイメージしていたものと

一味違った演奏に聴こえたので、

改めて、作曲家自身の演奏のものを聴いてみました。

作曲家の自演でも、違って感じました。

う~ん? (-_-;)


憂い、嘆き、寂しさ、儚さというような

影をイメージするものを

なぜか、とても強く感じてしまいました。

切ないものを感じます。

不思議ですねえ・・・

今の心境がそうなのでしょうか?

そして、

その音を聴くことによって、

安らぎが得られるといったらいいでしょうか?

 ( 私、今、かなり疲れているかな・・・? )


どちらかというと、

中間部以外は、

テンポは速いほうがいいのではないか?と

ずっと思っていたのですけど、

むしろ、

ゆっくりのテンポで弾いたほうがいいのではないか?

と思えてきました。


グラナドスのアンダルーサ。

ピアノの楽譜を見る限り、易しい曲なのですけど、

とっても難しい曲だと感じています。

悩ましく考えながら、

時には、

感覚的に弾いてみるのですけど、

いくつになっても、

こう演奏するといい、といった

イメージがつかめない曲です。

とても難しい・・・


でも、

今日、いろいろな演奏を聴いてみて、

そのイメージが浮かんできたような気がします。


テンポ。

これ、演奏するにあたって、

かなり重要だな~と今まで以上に感じています。

テンポ次第で、かなり変わってしまう。

グラナドスの「アンダルーサ」は、

テンポをとてもよく考えて弾かなくてはいけない。

そう思います・・・


もしよかったら、

以前書いた記事から、↓ 曲を聴いてみてください。

~~~  関連した過去の記事 ~~~

グラナドス 「アンダルーサ(Andaluza)」









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示