08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










チャイコフスキー 『四季(Les saisons)』 より 12月 「クリスマス(Noel)」

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)

最近、頭の中で流れてくるメロディーがあったので、

久々に書いてみます。


ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー の

   『四季(Les saisons)』  より  12月  「クリスマス(Noel)」



クリスマスといえば、

チャイコフスキーの

くるみ割り人形の「花のワルツ」とこの曲が

思い浮かんできます。

どちらも、チャイコフスキーの曲の中では、

好きな曲です。

久々に、この12月「クリスマス」を弾いてみました。


昔・・・は、

テンポ速く弾いていたのですけど、

ゆっくりめに弾いてみたほうがいいかも・・・

なんて、

感じながら弾いてみました。


この曲は、

ヴァシーリー・ジュコーフスキーの詩を引用して作られた

そうです。

 ↓ ヴァシーリー・ジュコーフスキーの詩(英文のもの)
 Once upon a Christmas night the girls were telling fortunes:
 taking their slippers off their feet and throwing them out of the gate.



詩を読むと、当時のロシアでは・・・

少女達は、門の外に靴を放り投げて

占いでもしていたのでしょうか・・・?

面白いですね。


この曲は、ドキドキわくわくした感じがあって、

未来が明るいもののように見えてくるものがあります。

でも、途中、

どこか、不安になっているのか、迷いがあるのか、

どうしようかな~?

いいのかな~?

なんて感じるところがあって、

それは何なのかなあ?と思っていたのですけど、

この詩を見て、

なるほどねえ・・・と思ってしまいました。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ウラディーミル・アシュケナージの演奏で
  「四季」の全曲演奏となります。
  12月は、39分00秒から。(CMつきです。)
Vladimir Ashkenazy: The complete "The seasons Op. 37a" (Tchaikovsky)

↓ ウラディーミル・アシュケナージのCD,MP3

Seasons



↓ オレグ・ボシュニアコーヴィチ

チャイコフスキー:四季












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。