08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










クラシックが副交感神経を高めるとしたテレビ番組の問題点として

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


先日、書いた記事を検索して、いらっしゃる方が

それなりにいることに気づきました。

まだ、お読みでない方は、

 クラシック音楽 = 副交感神経を高める なのか? を

お読みください。


テレビ番組を見て、

検索してくるという方は、それなりにいらっしゃるのですね。

やっぱりねえ・・・

テレビ番組はしっかりと伝える必要姓があると、

思いました。


「副交感神経を高めるクラシック」といったキーワード検索。


私も検索してみたら、

この曲を聴くと効果がある、と

はっきりうたっている記事は、

すぐにはみつからないのです。

果たして、あるのかどうか・・・?


みなさん、困りますよね・・・


クラシック音楽がいいって、いうけれど、

じゃあ、何の曲がいいの?

と普通は思うことでしょう。

普段、聴くことのない方には、

どれを聴くといいかなんて、わかるわけがない。


私が先日書いた記事で

モーツァルトに少しふれましたが・・・

それも、

躁とうつの状態のどちらにも効果的か?といったら、

どうでしょう?

躁とうつ。 

まったくの反対の状態で、同じ曲を聴いていいと、

なるはずがない。

モーツァルトの曲は、精神の病に効くといっていたら、

どんなときにも、モーツァルト・・・となるかもしれませんが、

そうでもないのです。

その時、その時の精神状態に合わせて、聴く。

これが大事となります。

だから、

聴く曲は、選ばないといけないのです。


・・・と書いたら、

検索してきた人は、困りますよねえ~。


結局、何を聴いたらいいのかわからないから、

この方法を使うのをやめよう・・・となるのでしょうか?


テレビで、こういう良い方法があるよ、

と言うのであれば、

視聴者がすぐにできるようにするのは、

とても大事ではないでしょうか?

おそらく、番組制作者も、

クラシックなら、なんでもいい、と思っていたのでしょう。

でも、視聴者は、

副交感神経を高める効果のある曲を

具体的に知りたかった・・・

その点に、気づけなかったのは、残念です。


私も、副交感神経を高めるクラシックとして、

具体的にどの曲がいい、とは言えないので、

このブログにいらっしゃった方々には、

申し訳なく思います。 

せっかくいらしたので、

いくつか記事を読んで、それで、癒し系だと感じたら、

聴いてみてください。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。