08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










スピーカー音で育った子どもの耳について、推測してみました

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。

ちょっと思ったことがあったので、少し書きますね。

以前、

小さい時から電子ピアノを使っている子どもの欠点

という記事を書きました。

それの補足的な話になりますが、

それでも、

お読みになる方は、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・












金曜日の夜。

我が家の子どもたちは、

たいてい、Mステを観ております。


私は、家事をしながら・・・で、

じっくりと聴くことはめったにないのですけど、

今日、

最初から最後まで聴くことができました。

久しぶり~。

それで、感じたことがありました。

そのことを書きますね。


クラシックをよく聴く私にとって、

最近のはやりの曲を聴くと、

違和感を感じることが多いです。

作られた音を聴いているという感覚。

どうしても、慣れないのです。

それは電子音であるから・・・と

思っていたのですけど、

すべて、電子音であるわけでもなく、

多くの声は、生の声であり、

楽器も、必ずしも、電子であるわけではない。

それでも、なぜか、違和感があって、

馴染めないのです。

なぜかな~?

と、ずっと思っていました。


今日、最後に、サザンの音を聴きました。

その時、

それまでの音との違いを強く感じました。

その違い。

あまりにもあきらかに違うので、

そういうことか~と、

思わず、納得。


生で演奏している音と、録音している音。

正確には、

生で演奏している音と、スピーカーから流れる音

かな?


もしかしたら、

その違いではないかと・・・


毎日のように、

いつまでたっても、音に変化がない、と

うちの子が指摘する

吹奏楽部の子どもたち・・・

もしかしたら、

スピーカーから通した音で育った子どもではないか?

なんて、

思ってしまった。

それで、

うちの子どもに聞いてみたのですよ。

そうしたら、

その子どもたち、

「ゲーム機」で音楽を聴いていると・・・


今は、

大きな音質のいい

スピーカーを通して聴くこともないのでしょうか?

場所もとるし、

手に取れるようなスマホ、ipod、ウォークマンなど、

小さなスピーカーから聴こえる音を聴くことが、

多いのでしょうか?


スピーカーにこだわりを持つ人でなければ、

音質のいいものを使わず、

聴こえたらいい?

なんて、感じで聴いているのでしょうか?


スピーカー、一つとっても、

違いがかなりあって、

私は、

質の悪いもので聴きたいとは思わないのですけど、

世間の多くの人は、

音の違いを感じることもなく、

こだわることもないのでしょうか?


・・・

大人はそれでもいいかもしれません。


子どもは?

子どもの耳はどうなのでしょう???


成長過程の小さなお子さんが、

音質の悪いスピーカーで、

音質の悪いヘッドホンを通して、

聴いていたら、

子どもの耳に、

どういう影響があるか・・・なんて、

世間の親御さんは、

気にすることなんて、ないのでしょうか???


小さいうちから、

ゲーム機を与え、

電子音を聞きながら、

ゲームをやらせることの

耳への影響はどうなのだろうか?

と考えることなんて、ないのでしょうか???


遠い昔、

甥っ子が、小さい時に、

ゲームボーイに熱中していて、

その電子音が

私には、耳障りだったので、

音を消して、遊ぶように、

と、

うるさく言ったものです。

私だけではなく、甥っ子たちが、

悪い影響を受けるような気がしたから・・・

そう感じるくらい、

あのゲームの電子音は、

私にとっては、嫌なもので、

我が家の子どもたちには、

ゲーム機を与えませんでした。


それは、よかったのかもしれません・・・

結果として、

音の違いが

よくわかる子に育ったのですから。


子どもの耳の成長について、

あまり論じられることなんてないかもしれません。

目のように、

すぐにわかることでもなく、

耳が聞こえていたら、問題ない。

きっと、多くの大人は、そう思うでしょう。

でも・・・

耳の聴こえ方に影響している。

私は、そう思うのです。

電子音を小さい時から聴かせることは、

音の広がりを感じることができなくなってしまう。

特に、

小さなスピーカーから聴こえる音で育つと、

そうなってしまう・・・

私は、そう思うのです。

空間があって、

そこに音がどう広がっていくのか?


それを体感することなく育つこと。

うちの子が、

いつまでたっても、成長しない、という

子どもたちは、

耳が成長する時期に、

本来、育つはずの聴音が発達しないまま、

大きくなっていってしまったのではないか?


そうであったら、

その子どもたちは、

もう、手遅れかもしれません・・・

なんて、お気の毒なこと・・・


もしね、

親御さんが、

この記事を読んでいらっしゃったら、

お子さんは、どうであるのか、

気にしてみてください。


これは、私の推測です。

正しいとは、限りません。

本当に、

電子音で育つと、耳が育たないのかは、

わかりません。

でも、

なんとな~く、そんな気がしています。


これは、

クラシックの楽器演奏をするときにしか、

影響することもなく、

特に、日常生活に影響することもないでしょう。

だから、

クラシックの楽器演奏をするのでないのなら、

何の問題もないでしょう。

でも、

クラシックの楽器演奏をしているお子さんには、

悪影響を及ぼしていることでしょう。

いくら頑張っても、うまくならない。

先生に、

何度も指摘され、

困っているのではないでしょうか?

そうだとしたら、

本当に、お気の毒・・・


「小さなお子さんには、

 いいものを聴かせましょう~。」

という言葉を、

何度も聞いたことがあります。

特に、生のクラシック演奏は、いい。

なんて、

言われたことがあります。

小さな子どもほど、

音の違いを大きく感じるはず。


私の子どもが3歳くらいまでのころは、

どこのお母様方も、

必死になって、

我が子に対し、いいものを与えようとし、

そういう演奏会へと足を運びました。

小さな子ども向けの音楽会もありますしね。

きっと、そんな風に

お母様方は、

子どもに対し、「いいこと」をさせて、

よりよく成長させようと

頑張っていたと思うのです。

それなのに・・・

ゲーム機などの電子音で、

耳の成長が妨げられてしまったとしたら・・・?


時代に遅れてはいけない・・・

周りの子どもがやっているから・・・

なんて、

流されてしまって、

我が子が悪い影響を及ぼされていることに

なってしまうなんて?


そうならないといいですね・・・

本当に、そうならないことを祈ります。


耳って、

聴こえない、とならない限り、

わかりにくいもの。

まして、

聴こえが悪いなんて、

小さな子どもが指摘することも難しい。

なかなか大人には、わからないことです。

だからこそ、

誰も指摘をしない。

専門家ですら、何も言っていない?

 (調べていないので、わかりませんが・・・)

少なくとも、

耳に悪いですよ、

なんて、

私は、聞いたことがないですよ。

目に悪い、という言葉はよく聞くのにねえ・・・

誰も指摘をしなければ、

特に問題なし? 大丈夫?

で、

あればいいのですけど・・・

私は、

ついつい、

いろいろと先々を深読みしてしまって、

子どもに悪い影響を与えるのではないか?

と考えて、

今の時代に遅れたような生活を、

子どもに強いてきました。

ゲーム機はダメ、スマホはダメ。

それは、よかったのか悪かったのか?

まあ、いじめもなく、

友達関係が悪くなることもなく、

特に何の影響もなく、

順調に育っています。


目と耳は、悪くない。


頭のほうは、ともかく・・・

まあ、それで、よかったかもしれない

と思う、

今日この頃なのでした・・・

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。