11
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


ピアノの先生の質

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


まだまだ・・・

過去の記事の修正を行っておりますが、

検索キーワードを見ていて、

ちょっと思ったことがあったので、

それを書いてみますね。


1月ですので、

 (記事の内容とは関係ありませんが…)

↓ こちらを聴きながら、お読みください。
George Winston - January Stars 
  (ジョージ・ウィンストンの「一月の星」です。
   25年ほどくらい前に、よく弾きました。
   スキーに行ったとき、泊まったペンションで
   この曲が流れていて、音が、
   時期的にも合っているなあ・・・なんて、
   思いました。 懐かしい・・・)


ピアノの先生の指導力・力量(指導力不足)、

ピアノの先生・発表会で失敗、

といったキーワードでの検索が、

時々、あります。

「私の先生」とついている時もあるので、

生徒さんが、検索されているのでしょうね・・・

以前書きました、

ピアノの先生の指導力と生徒の自己満足 

という記事が、

読まれているのでしょうか?


<続きを読む> へ どうぞ・・・












うちの子でも、

あそこのピアノの先生の演奏、

下手だった・・・

というようなセリフを言うことがあるので、

子どもの評価はかなり厳しく、

子どもが自分の先生の力を気にすることも

あるのでしょう。

大手ピアノ教室の場合、

特に、注意して、先生を選ばれたほうがいい・・・

そう思います。

なぜなら・・・

私も、

とある大手ピアノ教室の先生になる試験に

通っていますから…

私のレベルでも、教えることは、可能です。

ただ、

先生の資格を得ていたとしても、

その先生のレベルは、大きく違います。

最低でも、音大卒業レベルであってほしいと

思うのですけど、

音大出身といえども、

ピアノの専門ではない、

という先生も

いらっしゃいます。

それでも、資格を得て、試験に通ったら、

ピアノの先生となっているという方も

いらっしゃいます。

(そういう知り合いがいます・・・)

小さいお子さんが習う場合、

専門が、ピアノであるのかどうかを

聞いておくことも必要かもしれませんね。


以前、大手のピアノ教室で、

レッスンの合間に、

ショパンのスケルツォを練習していた先生が

いらっしゃいました。


音を聴いてびっくり・・・


私よりも、ずっと、下手・・・

正確に言うと、

中級レベルそこそこの方が、弾いている?

と言えるような、

譜読みが出来ていないような弾き方で、

それが、一か月たっても、二か月たっても、

全然上達していない・・・

驚きましたよ。

音大を出ていて、

ピアノの先生をされていらっしゃる方が、

いつまでたっても、

ショパンのスケルツォがまったく弾けないとは。

せいぜい、

ショパンのワルツ、ノクターンレベルであろうかと・・・

(それも、いい音では弾けないのではないか?)

それでも、

先生をしていらっしゃるという事実。


以前、

いつまでたっても、ピアノ演奏でリズムがおかしいお子さん

という記事を書きましたけど、

弾けない先生が、

子どもに、正しく弾くことを教えることは、

できないのではないかしら?


習い始めたばかりで、

この先生、大丈夫かしら?

変えたほうがいいかしら?

と思っても、

様子を見て、すぐには変えないほうがいい・・・

とされる親御さんも多いかと思います。

でも、

先生の力量不足である、とわかった場合、

即、変えられたほうがいいと思います。

そのまま教えていただいても、

お子さんは、上達しないと思います。


先生の力量は、

ピアノの発表会で、わかります。

大手の場合、

たくさんの先生の違いを感じることができます。

その時、

お子さんの先生の指導を受けている

生徒さんの演奏が、

他の先生の指導を受けている

生徒さんの演奏と比べ、

どうであるのか・・・?

ピアノの発表会では、

はっきりと違いが出ていますので、

よく音を聴いてみてください。


お子さんと同じ先生の指導を受けている

生徒さんの演奏がよければ、

先生の指導力の問題ではないと、

言えるでしょうか?

その場合は、

もう少し、様子を見てもいいかと思います。


ピアノの先生の質。

学歴(どこの学校を卒業されたか)だけではなく、

専門が何であるのか?

どの程度のレベルの先生であるか?

子どもにピアノを習わせるのであれば、

事前に知っておく必要があると思います。

大手の教室であれば、

どの先生が力があるのか、くらいは、

教えていただけるのではないかと思います。

その先生のレッスンに空きができたとき、

習わせてみる・・・

というのが、いいでしょうか?

私個人としては、

個人教室で教えていらっしゃる先生のほうが

いいかな?

と思っていますが・・・

「看板」がないだけに、

いいかげんな指導はされていないと・・・

(厳しいかもしれませんが・・・)


ピアノの先生の質。

長い目で見ると、

相性がいい、先生がやさしい、進みが速い、

ということより、

大事であることがわかると思います。

お子さんに習わせるのであれば、

先生の質に、お気をつけください。


********************

もうしばらく、過去の記事の修正をしていきます。

じっくりと時間をかけてやっていきたいので、

音楽紹介記事は、気長にお待ちください。 

********************

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示