10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


アルヴォ・ペルト の  「弦楽のためのスンマ(Summa for Strings)」

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


今日は、曲をとりあげてみます。


アルヴォ・ペルト の 

  「弦楽のためのスンマ(Summa for Strings)」



元は、ラテン語の合唱用として書かれたものを

ペルト自身が弦楽四重奏版に編曲したものです。

合唱曲版を聴くと、

遠い、遠い昔に作られたような

宗教曲に聴こえるのですけど、

弦楽四重奏版で聴くと、とっても新しく聴こえてきます。

不思議です。


ここ最近、ほぼ変わらず、

同じような生活を送っています。

日々、何かを考えてこうしようああしようと試みようと

思うのですけど、

結局は、なんにも変っていない現状。

これが嫌で嫌で、

なんとかよりいい方向へと向かっていけるように

努力をしてみるわけですけど、

結局は、たいしたことにもならず、

な~んだ、この程度の人間かと

日々、自分の力のなさを感じています。

でも、

いろんな生きものを振り返ってみても、

同じなのかもしれない。

むしろ、

そのあれこれと考えて、ああしよう、こうしようと

考えること自体、

どうなんだろうか?と

考えるようになってきました。

生まれて、生きて、いずれは死ぬ。

どんな生き物もこれを繰り返しています。

人間だけ、

あれこれとしているのかもしれません。

ごくごく自然に生きたらいいじゃないかなんて、

よく思うようになりました。

でも、

その反面、やっぱり、ああしたい、こうしたいという

気持ちもあり、

困ったものだ・・・と呆れてくるのです。

おかしいですねえ~。

そんな風に過ごしている中、

今日とりあげた曲を聴いていると、

不思議と、心がリセットされたような感覚になります。

私だけかもしれませんが・・・


忙しない生活を送っていると、

クラシック音楽をゆっくりと聴いてみたいと

感じることがなく、

おかしなくらい、音楽が耳に入ってきません。

私だけかもしれませんが・・・

今日取り上げた曲は、

音が耳に残るわけではないのですけど、

少なくとも聴いている間だけは、

気が楽になってきて、

心が少し軽くなってきます。

時には、こんな音楽を聴いてみてはいかがでしょう?

もしよかったら、聴いてみてください。


↓ こちらは、弦楽四重奏版
Summa for Strings | Arvo Pärt

↓ こちらは、合唱版「スンマ」(楽譜映像つき)
Arvo Pärt - Summa, vocal score.

↓ こちらは、ラテン語の歌詞がみられます。
   (歌詞は映像の下に記載されています。)
ARVO PÄRT Summa - Credo (Hilliard Ensemble)









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示