06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


このブログのコメント、メッセージについて

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


12月に入り、忙しい日々を送っています。

なかなかパソコンに向かう時間と気力がなく、

ブログ更新も滞っております・・・ (>_<)

音楽希望でいらっしゃる方々には、

大変申し訳ないのですけど、

状況が落ち着くまで、お待ちください。

今の状況・・・

音楽に例えるならば、

ブラームスの「ハンガリー舞曲5番」

でしょうか・・・?

これは、まだとりあげていませんでしたか?

( それは、いづれの時にか・・・?)


さて、本題に入ります。


以前、メールでのメッセージで、

「 どうして、

  このブログは、コメント欄を閉じているのかな? 」

というような内容のものをいただきました。


そうですねえ・・・


ブログといえば、

コメントのやりとりが当たり前?

という感じがありますねえ・・・

コメントをいただくことが嬉しい!と

思われるブロガーさんが多いことでしょう。

私も最初は、そうでした・・・


コメントだけではなく、ブロとも申請も、同様。

でも、

多くのブロガーさんが、

ご自分のブログへの訪問を目的に

コメント等を書かれ、

記事に対するコメントは、

ご自分のブログでコメントをいただいたから、

そのお返し、

という形でしか、書かれません。

読んで興味を持ったから、書く、

というわけではないのです。

コメント欄があっても、

あまり、意味がないなあ~と、私は思っています。

疲れる交流をするために残しても、ねえ?


中には、


クラシック音楽に詳しく、

この曲は、誰々さんの演奏が一番いい!

といった、

こだわりのお方もいらっしゃいます。

その方々のお好みを、

このブログに反映させたいとは、

私は思っておりませんが、

そういう方々は、どうも、

そのお好みの演奏でないと、気に入らない?

ような感じがあります。

レコード世代の方ほど、

そのこだわりが強い傾向にあるようでした・・・

そういうコメントをいただくこと、

何度か、ありました。

レコードにはあっても、

You-Tube には、ない、

ということもあり、

そういう方々のお好みを

反映させることは、非常に難しく、

私も、好まないので、

そういう方々のブログ訪問も、

いつしか、避けるようになりました。


好みの合わない方々と、交流する必要はない。

私は、そう思うのですよ。


リアルな世界でも、そうでしょう?

ブログの世界で、

無理をしなくてはいけないような、

疲れるお付き合いをする必要はない。


そういったこともあって、

コメント欄は、閉じております。


目に見えない相手とのコミュニケーション。

それは、なかなか難しいものです。

文字だけで、やりとりをしていると、

トラブルが起こり得ます。

だんだんと親しくなってくるほど、

起こりやすくなってくるのでは?


適当に、さらっと当たり障りのない言葉が

書けたらいいのですけど、

それもなかなか難しいです。

リアルな世界で、

私は、

深刻な悩み相談を受けることが多く、

しかも、逼迫した状態で、助けてくれ、と

言わんばかりのときもありました。

どうも、私は、

駆け込み寺、的な存在というのか、

この人なら・・・と、

あれこれと、泣きながら、訴えてくる人、

私の元には、そういう人が、やってきます。

最近は、避けるようにしていますが・・・


おそらく、悩みを聞いてくれるような人。

なかなかいないのでしょうねえ・・・


ブログでも、そういう傾向にあるのかなあ?

と、思うことがあります。

愚痴を言える人?

そう思われているかもしれません。

訴えてくるのはいいのですけど、

それに対する返答をどうしたらいいのか?

非常に、悩みます。

器用に、さらっと、書けませんから・・・


なんとな~く、

目に見えない、文字だけでのやりとり。

いただいたメッセージには、

返答をしなくてはいけない。

しかも、即時に?

なんて、

空気が、世間では流れているでしょうか?

ブログのコメントで、

コメントのお返事を書くまで、

何度も、何度も、訪問してくる方も

何人か、いらっしゃいました。

女性、特に、専業主婦に、

そういった傾向がありました。


なかなか、即時に返答なんて、

私も、暇でなければ、できませんよ。

しかも、

一つの記事に、

何度も、コメントを書かれてしまうと、

その対応に、疲れが出てきます・・・


その方々も、

きっと、寂しいとか、何か、

心に、悩みを抱えていらっしゃったのかも、

しれませんね・・・

リアルな世界で、

誰も、相手になってくれないから・・・

と、

ブログ訪問をし、その「誰か」を探す。

だから、

私が、

そういったブログの訪問をしなくなると、

このブログには、訪問して来なくなります。

あれほど、コメントを書いてきたのに?

あっさりと、身を引いてしまわれます。


インターネット。

そういった、

「誰か」を探す場でも、あるのでしょうか?

ネットでのお付き合いは、

リアルな世界での、

心の隙間を埋める場でもある

のかもしれません。


私は、そこまで、

彼らの相手を真剣にする必要はない。

今、そう思っています。

自分の時間を割いてまで、

彼らの相手に時間をかける必要はない。

今、そう思っています。


ですから、

メール等で、メッセージをいただいたとしても、

必ずしも、

そのお返事をする必要はない。

今、そう思っています。


私が冷たい、と思われるのであれば、

書かなければいいのです。

他の、面倒を見てくれる人を探してください。


最近は、メールも、

怪しいメールが増えていて、

FC2のブロガーさんでも、

なりすましメールがありましたし、

必ずしも、

いい人が、書いているわけではないなあ~と、

感じています。

届いたら、読みますが、

それに対して、個人的にお返事をする、

ということは、

なるべく、しないようにしていこうと思っています。


メール等のメッセージは、

訪問者が、ブロガーに伝えたいことを書く、

という目的で、

使っていただけると助かります。

そのために、

メール欄は、残しておきました。

お返事を待っています・・・

という目的では、

使わないでいただきたいです。


このブログは、

そういうブログである、と認識していただけたら、

嬉しく思います。

かなりの変わり者だ~と、思われるでしょうが、

それを好んで、訪問される方々、

あなた方も、おそらく、

かなりの変わり者で、いらっしゃることでしょう・・・


ブログ訪問。


これは、

そのブログが好きである、という人だけが、

訪問をしたら、いい。

無理をして、

好きでもないのに、交流のため・・・として、

訪問をする必要はない。

私は、そう思っています。


このブログ。

それでも、いいんだ、好きだから・・・

と思われる方、

またのお越しをお待ちしております・・・









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示