10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


女性社会進出って、いいことばかりなの?

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


今日、2つ目の記事になります。

ここでは、思ったことを書いてみますね。

 ( 音楽記事は、一つ前になります。

   音楽希望の方は、そちらをどうぞ・・・ )


長いので、

お読みになる方だけ、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・












先日書いた、

手相の記事ですが、

結構、読まれたようです。

何が読まれるか、わからないものですね・・・


ここ2年くらい、

暗い記事ばかりになっていて、

大変申し訳なく思います。

私事を記事にすると、なおさら・・・

今朝の記事も、その前に書いた記事も、

読み返せば、なんて、暗い記事!

と思えるので、

書いてよかったのか? と

後から気になるのでした・・・


それでも、最近、

リピートされる率が上がっているので、

そんな記事にも、意味があるのだろう・・・と、

思って、

マイペースに書いております。


もしかしたら、

私と、

おんなじような状況、心境でいらっしゃる方も、

いるのかもしれませんし・・・


先日、NHKのあさイチで、

女性の更年期のことが話題になっていました。

それを見ていて、

私はまだ更年期症状にはなっていないと、

自覚したものの、

彼女らと同じように、

外に出にくい体調もあったり、

手の込んだこと(面倒なこと)を避けたいと

感じることもあったり、

人を避けたいと感じることもあったり・・・

心理的に、よく理解できて、

私と同じように、

その状態を苦しく感じている人が、

たくさんいるんだ・・・

と知って、

少し、救われたような気がしました。


やっぱり、

お仕事をしていないで、家にいたり、

時々、寝込んでしまう、

という状態というのは、

世間の同年代の女性から、

取り残されているような気がしてきますから…


政治家が、

「女性社会進出」なんて、うたっていますが、

それが、

私のような状況に陥っている女性を、

見捨てるような言葉にも聞こえ、

いっそう、落ち込むのです。

弱者は、どうなってもいい?

弱者は、切り捨てろ?

なんてね、

そんな風に言っているように聞こえるのです。


そうでなくても、

女性が育児より、社会で活躍することを

優先したら、

今以上に、

母親といる時間が少ない状態で育つ子どもが

増えるのです。

それは、果たしていいことなのか・・・?

なんて、思ったりします。

( もちろん、

 その逆もあって、

 母親が子どもにかかりっきり、という問題も、

 結構、あるようですけどねえ・・・ )


小学校に入学するころの、

子どもが、年々、変わりつつあるのは、

女性の社会進出が、関係していないか?

なんて、

思ったりします。

客観的に、今の小学校の現状を見て、

あの1年生の集団を

一人の先生で相手をするのは、

相当、大変ではないか?

なんて、思ってしまうのです。

たまたま、うちの近所の小学校が、

変わってきているのかもしれませんが・・・?

うちの近所の小学校は、

ほとんどの母親が、働いている、

しかも、フルタイム勤務が多い、

という小学校になってきているので、

母親の社会進出は、

子どもが小さいうちは、やめておくべき?

なんて、思ってしまうのです。

赤ちゃん~小さい子どもを預けられる

保育所を増やすより、

その間、

女性がしっかりと休んで育児に専念できるような

勤務体系を作った方が、いいのでは?

とも思います。

女性は、一度辞めてしまうと、

正社員になるのは、難しいです。

そうならないよう、

長期育児休暇をとれるように・・・


私の住むところでは、

この10年くらいで、保育所があちこちにでき、

女性が、働きやすい環境になっています。

そして、

その子どもたちも、

習い事などで、いろんなことを学び、

勉強、スポーツも、できる・・・

という感じに育っています。

でも、

なぜか、

人間として、学ぶべきもの・・・が欠けているように、

見えるのです。

本来、親が、しつけをしているべきこと?

自分だけではなく、

社会で共存して生きていくために、

学ばなくてはいけなかったこと、

それが、欠けている。

それは、きっと、

保育所で、やってくれるでしょう?

なんて、親は思っているのかもしれません。

でも、

赤ちゃんから受け入れるような保育所で、

そこまでのこと、

どこまで、できるでしょうか?

人手不足、時間も長時間労働で、

疲れているような保育士に、

どこまで期待できるのでしょうか?

そういったところでお仕事されている

知り合いの方が、

10年ほど前くらいから、

お母さん方には、

何時まで、と決まっていても、

それが守れず、

いつまでたってもお迎えに来ない、

というお母さんがいると嘆かれていました。

お仕事のほうも、

残業があり、など、忙しいのかもしれません。


母親が普通に働くのって、簡単ではない。


子どもが小さいうちは、よく病気になります。

それでも、簡単に休めない。

しかも、

預ける保育所は、病気だからと、

お迎えを要求してくる。

本当に、大変です・・・


ある程度、子どもが大きくなるまで、

一年という短い期間ではなく、

どこの職場でも、

長期育児休暇をとれるようになると、

母親も、いいのですけどね・・・・

とはいえ、

金銭的に、生活が苦しい場合、

休暇なんて、とっていられない、

となるでしょう。

最近は、母子家庭が増えています。

母親は、子どもと生活をしていくために、

お仕事をしないとやっていけないのです。

そういう家庭に、どこまで支援ができるのか・・・?


女性社会進出、なんて、

言葉を言うのは、簡単ですけどね、

実現をするには、

どこまでも考えて、対策をしていかないと、

いけません。

保育所を増やせばいい、

なんて、

安易な考えでは、ダメです。

男性の政治家が、

どこまで、現状を理解できるのかしらね?

長い目で見て、

その子どもが、どう育ってしまうのか、

そこまで考えて、対策をしていかないと、

いけません。


日本は、どうなっていくのでしょう?

目先だけを見ていては、いけません。


既に、育っている子どもたち・・・


その子どもたちを見て、

女性社会進出を

今のやり方で、やっていくこと。

いいのか、悪いのか・・・?

そこまで、考えてほしいと願っています。


・・・?

こんなことを書こうとは、

まったく思っていなかったのですけど、

なぜ、こう書いてしまったのか・・・?

謎です・・・


音楽以外のことなら、いくらでも書ける・・・

このブログで書くのは、

いいことではないのですけどね・・・

なぜって?

最近、FC2ブログでは、

ランキングに、

記事のタイトルが、のるように

なってしまいました。

なぜか、

音楽記事ではなく、

こういった記事ばかりが、のっているのです!

それ、非常に困るのですけど?

音楽ランキングで、

音楽以外の記事のタイトルがあると、

このブログ、おかしいよ、

なんて、思う人、いるでしょう?

ああ、なんてこと!

ちなみに、

検索で、

「音と楽しむ日々」とすると、

つい最近まで、

その紹介タイトルが、

音楽と関係ない記事でした・・・

あれには、参った!


ここで書いておきますが、

このブログは、


音楽ブログです・・・


どうかお間違えのないよう・・・

たくさん、曲紹介をしておりますので、

トップページから、

お好きな作曲家を選んで、読んでみてください。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示