10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


緊張しすぎる子ども

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


ここ最近、毎日のように、

「緊張 ピアノ 発表会」 といったキーワードで、

いらっしゃる方々がいます。

「ピアノの発表会で緊張しても弾けるようにするために」

という記事が、読まれているようです。


ちょっと思うことを書いてみますね。


ピアノ発表会で緊張する、

という方だけではなく、

私の知る限り、

ピアノの試験でも、

極度に緊張で、吐いてしまうというような

娘さんを何人か見たことがあります・・・

面白いことに、

そばには、

お母さまがついているという場合ばかりでしたから、

母親も関係しているのではないか?と

思ったものです。

ピアノだけではなく、

一般の試験でも、

同様の娘さんを見たことがあります…


吐いてしまうほど、緊張することって、

よほどのことだと思うのですけど、

私が何度も見たわけですから、

世の中には、

そこまで追い詰められている娘さんが、

多いということでしょうか・・・?


以前、ピアノの先生から、

こんなお話を聞いたことがあります。


「 練習不足だから、

  今日のレッスンはお休みします、

  といって、
 
  レッスンに来ることを嫌がるお子さんが

  結構いるのよ・・・」

と。

先生が、そういうお子さんとお話をすると、

「 練習していないから、先生に聴かせられない。」

「 恥ずかしい。」

という答えが返って来るそうです。


普段、忙しくて弾けないのであれば、

レッスンのときだけでも、弾いたらいいのに・・・

と、先生は思うのだそうですけど、

なかなか生徒さんは納得できないそうです。

これも、女の子なのだそうです・・・


常に、お母様から、

ちゃんとしていないといけない、

ちゃんとできないといけない、

などと言われて、

育ってきたのではないかな~?

なんて、私は思ってしまいました。


失敗をしてもいいんだよ、ではなく、

失敗をしてはいけない、という雰囲気の中で、

育てられたのではないかしら・・・?


そういうお子さんの場合、

自分で練習不足であると認識していて、

まだ正確に弾くことができていないと

わかっている時、

いざ、発表会という場、試験という場になると、

失敗をしてしまうのではないか?

という不安な気持ちになり、

緊張し、吐いてしまうのではないか・・・?


いろいろとピアノの発表会、試験などを見てきて、

ほとんどのお子さんは、

緊張をしているようには見えないですし、

緊張していたとしても、

大人ほど、緊張しているようには感じません。

それなのに、

子どもが、

吐くほどの緊張をしてしまうのは、

なんらかのプレッシャーがあるのではないかと

思うのです。

それは、きっと、

母親が気づかない(気づけない)ような、

ささいな言動かもしれません。


見ていて思うのですけど、

吐くお子さんのお母様、

なんとなく、過保護タイプに見えるのです。

吐いたときの対処を見ていて、そう見えます。

でも、

お母様自身は、それに気づいていないでしょう。

だから、

お子さんの緊張をなくすのは、簡単ではないかも・・・

お子さんのそばにいることが、

一番のプレッシャーだったりして?(な~んてね?)


ちなみに・・・


我が家の下の子は、

小さい時から、ものすごい緊張をする子でした・・・


小学低学年まで、

クラスの子どもたちの前で、発表をする、

という場ですら、

小さな声を出せるか、出せないか・・・?

という感じで、顔を真っ赤にし、

声がクラスのみんなに聞こえないので、

先生が、代わりに言ってくださる・・・

という形での発表。

別にプレッシャーを与えたことはないのですけど、

この子は、どうも、

自分自身に対し、

プレッシャーをかけてしまうタイプのようだと、

気づいたのは、だいぶ経ってからのこと・・・

学校の先生には、

「求めるものの、クオリティが高い」

と言われてしまいました・・・


そんな子ですから、

ピアノの発表会でも、

当然、緊張してましたし、

初めてのコンクールでは、緊張のあまり、

ボロボロの演奏をしておりました・・・


さあ、このまま、緊張して、

大きくなっても、

大きな舞台で、力を発揮できなくなるか?

なんて、心配をしましたが、

だんだんと場数を踏んでいくことで、

平常心で挑めるようになりましたよ。

今では、

吹奏楽部で、毎週のように、

どこかしらで演奏会をしているので、

かなり慣れた様子・・・


緊張するタイプでも、

緊張しなくなるものなのですねえ~。

成長だわ。


これも、自信が裏にあるようで、

自分には力がある、なんて思えると、

緊張しなくなるのかもしれません・・・

今年の発表会では、

私が一番最後に弾いた方が、よかった、

私のほうが、上手、

とまで、言っておりました。 (-_-;)

大した自信ですこと・・・


まあ、その自信。

常に母親が、

ああだこうだと、子どもに言ってしまうと、

自信が持てなくなると思います。

母親は、ささいなことでも、

あれこれと子どもに対し、言わないこと、

大事なのではないかと思っています。

どこのお母様でも、

我が子のことは気になり、

ついつい口出しをしてしまうようですけど、

それを言わないで、見守る態勢でいること、

大事だと思っています。

まあ、

かなり忍耐力が必要になってきますけどねえ~。

私は、毎日修行僧?のように、

耐え忍んでおります・・・

でも、

かなり心労がたまりますが・・・ (>_<)

母親は、

子どもから重たいと思われない存在で

ありたいものです。

世間のお母様方も、そうであってほしいと

願います。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示