09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


サン=サーンス 『動物の謝肉祭( Le carnaval des animaux)』 より 「ピアニスト(Pianistes)」

こんにちは。

先日、

「いつまでたっても、ピアノ演奏でリズムがおかしいお子さん」

という記事を書いた後、

ふと、こういう曲もあったなあ・・・と思い出し、

取り上げてみることにしました。


サン=サーンス の 

  『動物の謝肉祭 ( Le carnaval des animaux)』 より

       第11曲目 「ピアニスト」 (Pianistes)



これは、

ピアニストが一所懸命に、

音階(スケール)などの練習曲を弾いている・・・

のですが、

その姿を風刺的に描いているような曲。

演奏家によって、微妙に違いますが、

とても下手に聴こえるように演奏されます。

先日書きましたけど、

いつまでたっても、

自分のリズムがおかしいということに

気づかず、

演奏をしているピアニスト・・・?

作曲家が、

人間に対して、

そういった皮肉った目で、見ているというのが、

面白いです。

この曲に関しては、

下手さが目立つほど、

滑稽な音に聴こえてくるのですけど、

それが、味があっていい。

とても面白い曲です。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ マルタ・アルゲリッチのピアノ、
  ネルソン・フレイレのピアノ、
  ギドン・クレーメルのヴァイオリン、
  イザベル・ファン・クーレンのヴァイオリン、
  タベア・ツィマーマンのヴィオラ、
  ゲオルク・ヘルトナーゲルのコントラバスの演奏で
Saint-Saëns. Le carnaval des animaux - 11. Pianistes


↓ ヴィヴィアン・トルーンのピアノ、
   エルムス・ロードリックのピアノ、
   アンドレア・リカータ指揮、
   ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の
   『動物の謝肉祭』全曲演奏で
   ( 13分51秒ごろから 15分15秒ごろまで)
Saint-Saëns - Le carnaval des animaux (The Carnival of the Animals) (1886)  


↓ マルタ・アルゲリッチのピアノ、
  ネルソン・フレイレのピアノ、
  ギドン・クレーメルのヴァイオリンなどのCD

サン=サーンス:動物の謝肉祭



↓ マルタ・アルゲリッチのピアノ
   アンドレイ・バラノフのヴァイオリン
   マイケル・グットマンのヴァイオリン
   リダ・チェンのヴィオラ
   エンリコ・ファゴーネのコントラバスのMP3

Le Carnaval des animaux (The Carnival of the Animals): XI. Pianistes












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示