10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


いつまでたっても、ピアノ演奏でリズムがおかしいお子さん

こんにちは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。(*^_^*)


今日も、思ったことを書いてみますね・・・


読まれる方だけ、

< 続きを読む > へ どうぞ・・・













時々、

いろんなお子さんのピアノ演奏を聴いてみて、

思うことがあります。


リズムがおかしい・・・


音楽の3要素のうちの一つである、

リズムがおかしい演奏をしているお子さんが、

非常に多く感じるのは、なぜでしょう?

テンポがおかしい演奏もあります。

とても不思議なのです。

( ・・・ちなみに、
  3要素とは、
  リズム、メロディー、ハーモニーのことです。 )

今、

うちの下の子が吹奏楽部に入っていますが、

その子に聴いてみても、

リズムがおかしい演奏ということは、

演奏する上で、ありえないと言います。

独奏ではなく、合奏となると、

一人一人のリズムが合わなければ、

めちゃくちゃな演奏になってしまいます。

合奏をすると、

自然と、周りの音と自分の音を聴くことの

大切さを感じることができるのですね・・・

小さいうちから、

そういう経験はしておいたほうがいい

かもしれません。


ピアノを習う場合、

基本的に、普段から独奏という形になります。

それが、

リズムを無視したかのような演奏になってしまう

原因なのかもしれませんね。

なによりも、

ピアノの場合、

音楽の3要素の中の、

メロディーが重視されて演奏するように

なってしまいます。

リズムがいいかげんでも、まあいいか・・・?

と、なってしまうのかもしれません。


でも、


一人の聴き手として聴いていると、

このリズムがおかしな演奏というのは、

「音楽に聞こえない」といっていいほど、

ひどい演奏に聴こえるのですよ。

基本ができていない。

(きつい言い方かもしれませんけど、)

ただ、音が鳴っているだけで、

音楽になっていない。

そんな演奏をさせている先生は、

一体、何を指導なさってきたのかと、

先生の力のなさを感じるのです。


まず、音階(スケール)。

ハ長調であれば、

ドレミファソラシドレミファソラシドレミファ・・・

という感じに、弾く練習。

これを正確に弾くことができますか?


ピアノを弾く上で、

基本の基本 だと思うのですけど、

それができていないだろうなあ~と

思えるお子さんを、

どんどんと先のレベルの曲を演奏させていても、

いつまでたっても上達できません。

ひどい演奏をいつまでも続けるだけ・・・


先日、そういうお子さんの演奏を聴きました。

そのお子さん、

ソナチネを弾いていたのですけど、

かなり速いテンポで弾いていて、

音が、ガタガタと転んでばかりになっていました。

先生は、何も指摘せず、

そのお子さんは、

そのまま演奏をし続けていました。

テンポ速く、指が動けばいい・・・?



思っていらっしゃるのかしら?

何のためのレッスン?

転んで弾きにくい状態をなおすのが先生では?

・・・なんて、思ってしまいました。

お気の毒な生徒さん・・・

 ( この先生、叱らないからいいわ~
   と、
   考えるのは、やめたほうがいいです。
   優しいピアノの先生とは、
   指摘し、指導する能力がない先生と
   みなした方がいいですよ。 
   子どもが「怖い先生が嫌!」と言うからと、
   優しい先生を選ばれると、
   いい演奏ができなくなるかもしれません。)


以前書きましたけど、

ブルグミュラー25の練習曲の中の、

第2曲「アラベスク」。

この曲も、

音がよく転んでいるお子さんが多いです。

おそらく、

ソナチネを弾いていたお子さん、

このアラベスクを弾くことができないだろうなあ・・・

と思います。

速く指が動けばいいや・・・

なんて感じで、

弾くのではないかしら・・・?


私が、

基礎練習を重視した先生に教わっていたので、

ブルグミュラー25の練習曲を弾くころには、

普段の練習で、

音階(スケール)の練習はしっかりやっているのが、

当然であり、

正確に弾けるように日々練習していると、

考えてしまうのですけど、

今のピアノの先生方の教え方が、

基礎を軽視した教え方であるのか、

気になるところです。


基礎ができていないと、

どんなに上のレベルに進んで行っても、

おかしな演奏をし続けるだけです。

指が動いて、音が鳴っていさえすれば、

私は、この曲を弾けているのだ、というのは、

まちがいです。

聴き手からすると、とんでもない演奏となります。

まず、リズム正しく弾くように、

しっかりと自分の音を聴く。

リズム正しく弾くことができるように、

基礎練習を怠らない。

これは、ピアノに限らず、

どんな楽器についても同じだと思います。


これを今のピアノの先生は、

どの程度、しっかりと指導なさっているのか・・・?

家でお子さんは、どの程度練習しているのか・・・?

気になるところです。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示