06
:
1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


子どもに楽器を習わせることは簡単ではない

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。


先週、

子どもの文化祭を見に行ってきただけで、

疲れ果てて、

昨日、今日と寝込んでしまいました。(>_<)

学校で、倒れなかっただけ、

マシ と思いましょうか・・・


子どもの吹奏楽部の方とお話しをしていると、

親のどちらかが、

なんらかの楽器演奏をした経験がある、

という話になります。

そして、子どもも、

なんらかの楽器演奏をしていると・・・


つまらない話ですけど、

それでも、読まれる方は、

< 続きを読む > へ ・・・












音楽は、

親の影響を受け、好きになるものなのかしら?

なんてねえ?

遺伝子的なもの?

それとも、

生まれてから、聴いてきた音楽の影響?

わからないけれど、

クラシック音楽に馴染みのある子どもが、

吹奏楽部に入っているのですね。


うちの子は、

本入部ギリギリまで、

とある運動部に仮入部していたのに、

毎日、運動しながら、

聴こえてきた音楽に惹かれ、

仮入部の最終日に、

吹奏楽部へ行き、

そのまま、気に入って、

吹奏楽部へ本入部決定・・・


まさか、の展開に驚き。


運動部の説明会まで、

聞きに行った私は、無駄足・・・?

吹奏楽部の説明会を聞くこともなく、

なにがなんだか、わからず、

吹奏楽部の保護者となったのですけど、

入ってみて、驚くこと・・・

親のお手伝いは時々ある、

お金もそれなりに徴収される、

と、

親の負担なくして、

吹奏楽部は成り立たない。

しかも、

早朝練習もあるので、

朝早くからお弁当作りもあるのです。

こんなに大変なクラブだったとは・・・

と、

運動部にしておけば、よかったのに~と、

よく思うのでした。


このブログによくいらっしゃる方々は、

おそらく、

なんらかの楽器演奏をなさっている方でしょう。

影で、いろいろと親御さんの苦労も

あったかと思います。

金銭的な苦労は、大きいと思います。

親御さんに、感謝を・・・


もちろん、裕福なご家庭の方は、

そうではないかもしれません。

ヴァイオリンも、

1000万くらいのものを、

与えられるご家庭であれば、いいでしょう・・・

100万円を超すというだけでも、高いと、

感じてしまうような家庭では、

将来、

趣味程度でしか、続けることは難しいかな?

なんて、思ってしまいます。


クラシック音楽の世界は、

お金なくして、

やっていくなんて、考えられないと

思えてくるのです。

なかなか、一般庶民には、厳しいこと・・・ 

でも、

今、クラシック音楽も、一般に広まり、

このブログには、

一般庶民の方が、日々訪れるのです。

「楽譜 無料」 と来られるだけでも、

一日、何人の方がいらっしゃることでしょう・・・


全音ピースでも買えるような楽譜(500円程度)を

無料で、と来られるのですから、

この先、このお子さんは、

ピアノを続けていけるのでしょうか?

と、気になるのでした。

電子ピアノが売れているのも、

騒音問題だけではなく、金銭的な問題が、

大きいと思うのです。


本格的に、

やってみたい、と子どもが願っても、

それが、かなえられるかどうかは、

親次第・・・?

ああ、なんて、悲しいこと・・・


我が家にも、

そう悩んでいるのかどうか、

わからない子がいますが、

本当は、

もっと楽器の勉強をしたいと

思っているのだろうなあ・・・

と、思うのですけど、

おそらく、いろんな面で、

無理とも思っているような感じです。

私も、体が動きませんし・・・ 


子どもの将来(進路)。

それに、どこまで、親は力になれるのか・・・


楽器を子どもに習わせるということ。


楽器を子どもに習わせた以上、

親が犠牲になってでも、

子どもの力になるのだ、という覚悟が必要と、

いうことでしょうか?

一般庶民には、簡単ではない。

そう思うのでした・・・ 


・・・それにしても、

ヴァイオリンなど、

値段にピンからキリまである楽器で、

評価される場合、

育ちって、大きく左右されるのでしょうか・・・

それとも、

プロになる方は、

楽器に左右されることないほど、

いい音色を出すので、関係ないのでしょうか?


ピアノって、

同じ楽器を使って、評価されるので、

公平でいいなあ~と思います。

他の楽器より、安い方なので、

一般庶民向け・・・ なのかもしれませんね。

Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示