10
:
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


クレメンティ 「捨てられたディドーネ(Didone abbandonata)」Op.50 No.3

こんにちは。

ほとんど更新しなくなっているので、

このブログも、もう終わりでは・・・?と

思われているかもしれませんね。 (-_-;)

・・・たまには、曲を取り上げてみます。


ムツィオ・クレメンティ の

   ソナタ ト短調 「捨てられたディドーネ(Didone abbandonata)」 Op.50 No.3


ソナチネで、有名な作曲家の一曲です。

見棄てられたディドーネ(ディドー、ディードー) 、

忘れられたディドーネ

とも

訳されます。

一言でいうと、悲劇。

カルタゴの女王、ディドーネと

トロイア(トロイ)の木馬によって滅ぼされたトロイアから

放浪していたアエネーイス(アエネーアース)との悲恋。

ご存じの方もいらっしゃると思いますが・・・

この曲は、

アエネーイスがカルタゴを去ったあとのディドーネの想い。

それを歌った曲。

のちに、

アエネーイスとの別れを悲しみ、

火に身を投じて死んでしまうディドーネ。

それを思いながら、この曲を聴くと、

より悲しく聴こえてくるでしょうか・・・?

とはいえ、

どこかベートーベンの曲にも似ているような感じの

ソナタであるものの、

ベートーベンと比べると、

重々しさの漂っている感じが

ほんの少し弱いように感じるのは、

私だけでしょうか・・・?

ディドーネの想いは、

もっともっと強かったのでは?

もっともっと激しかったのでは?

・・・なんてね?


想いの重さは

その人、その人によって違っていて、

その人の抱えている重さによって、

大きく変わっています。

それを表に出す、出さない、も

人によって違いますか?

常に深刻に感じるほどの重い思いを感じずに、

生きられたら、幸せでしょうか?

常に、ね。


どちらかというと、

この曲はあきらめのような感じが強いかな?

ディドーネの望み絶たれたあきらめの気持ち?

また、男性から見て、

客観的に美しいと感じる女性のあり方?

そんなものが浮かんできそうな?

主観ではなく客観。

だから、私には、弱く感じるのかもしれない。

ベートーベンの悲劇は、主観。

クレメンティは、客観。

そこかな? 違いは・・・

でも、

そこが、聴きやすく感じるところかもしれません。

あまり知られていないと思いますが、

なかなか聴きごたえある曲ではないか?と

思います。


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ピエトロ・スパーダのピアノ演奏で
Pietro Spada plays Clementi Sonata in G minor Op. 50 No. 3

↓ マリア・ティーポのピアノ演奏で
Maria Tipo plays Clementi "Didone abbandonata"


↓ ハワード・シェリーのCD

Complete Piano Sonatas Vol.6



↓ コンスタンティーノ・マストロプリミアーノのMP3
   (フォルテピアノ演奏で)

Clementi: Complete Sonatas, Vol. 6, The Late Sonatas



* この曲の楽譜は、 こちら へどうぞ・・・









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示