08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










平吉 毅州 「ささぶねの航海」

こんばんは。

いつもご訪問してくださり、ありがとうございます。

あまり気分が落ち着かない状態なので、

ゆったりとした気分になる曲を取り上げてみます。


平吉 毅州(たけくに)さん  の 

     子どものためのピアノ曲集 
 
         『虹のリズム』  より 第6曲目 「ささぶねの航海」



手の小さいお子さんでも、弾きやすい、

小さな子ども向きの曲です。

うちの子も、

気に入って、よく弾いていました。

発表会で、

よそのお子さんが弾いているのを見ると、

とてもいい感じに体を揺らして、弾いています。

派手さはないけれど、印象に残る曲ですね。

ゆったりとしたリズムで弾くと、

眠りを誘ってくれる感じになります。

聴いている人が、心地よく感じる曲だと思います。

時々、速めのテンポで、

さらっと弾かれるお子さんもいますが。
  
私は、ゆっくりのテンポのほうが、好きです。

「優しく、流れるように」



指示されていますしね。

これも、発表会向きの曲かもしれません。


笹舟。


5~7歳ごろだったか、よく作りました。

大雨が降ったあと、

公園に大きな水たまりが、あちこちにできたので、

そこに浮かべてみる。

競い合うということもなく、

ただ、浮かべるだけなのですけど、

意外と、

夢中になって遊んでいたような記憶があります。

たかが、笹舟、といえども、

上手に作る子もいれば、

切り込みをうまく入れられず、

やり直す子もいれば、と、

器用不器用を感じました。

ちなみに、

私は不器用なほうであったかもしれない…

 ( というより、雑だったかしら? 見た目が… )

女の子は、

作ることが楽しいと感じていたかもしれません。


この「ささぶねの航海」という曲は、

そんな懐かしいものを思い出させてくれます。

しっかりとした、

立派なおもちゃのふねと違って、

ささぶねは、

ゆらゆらと、ゆっくりと動く(流れる)さまが、

小さくて、かわいらしく見えます。

この曲の場合、

小さな川で、流し、

何かにぶつかって、沈んでしまい、

または、

うまく作れず、沈んでしまい、

「あっ」という、はかない感じも、ありますか?

そんなイメージを思い浮かべて、

弾くといいでしょうか?


それにしても、

今の子どもは、

ささぶねをつくることがあるのでしょうか?

七夕がなければ、

笹の葉をさわることもなかったりして?

竹と笹の違いが、わからなかったりして?


私が子どもの頃作られた曲は、

今の子どもがイメージするのは、

難しいかもしれませんね。

親御さんが

この記事を読んでいらっしゃるのであれば、

ぜひ、ささぶねを一緒に作ってみてください。

小さな川で、浮かべてみると、

流れもあって、

楽しいかもしれませんね。


↓ もしよかったら、聴いてみてください。

平吉 毅州/虹のリズム 6.ささぶねの航海/演奏:松本 あすか

↓ こちらは、CD

虹のリズム/平吉毅州












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。