08
:
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。










ショパン マズルカ Mazurka Op.68 No.4

こんにちは。

今日も、秋を感じる曲をとりあげてみます。

(秋・・・というより、晩秋、冬に近いかもしれませんが。)


ショパン の マズルカ Op.68-4 (遺作)


この曲は、

ショパンが亡くなった年に作曲された、

絶筆作品です。

自筆のスケッチ譜が、

判読が難しく ( ← 全体にかなり見にくい… )、

中間部が省かれた楽譜、

省かれた部分の再現を試みた楽譜が、

あるようです。

病のために、

ピアノを弾くこともできず、

ピアノを弾くどころか、

寝込んでしまい、

その状態で、

なんとか精いっぱい書いた・・・という曲

なのですね。


遠い故郷を懐かしく思う気持ちから

作曲したのでしょうか?


人は、

死を前にすると、

家から離れた場所にいる場合、

帰りたい・・・

と願うものなのかもしれませんね。

それが叶わないからこそ、

余計に、

ショパンの故郷への思いは

募っていたのかもしれません。


マズルカ。


私は、正直、ショパンの曲の中で、

一番、理解しがたく、難しい曲だと思っています。

ポーランドの人にとって、

マズルカとは?

という気持ちがわからないだけではなく、

マズルカって、

どんな感じの踊り?と、

よくわからないのです。

テレビで、少し観たことがありますけど、

舞曲って、

踊ってみて、近くで見て、

やっと感じることができるというのか、

テレビで観るだけでは、理解しがたいのです。

その土地、特有のものが強いものほど、

理解しがたい。

昔、サンバを教わったとき、

見ている以上に、難しく、

そのリズム感をつかむだけでも、

時間がかかった経験がありますけど、

よその国の舞曲って、

自分のものにするのはとても難しいですね・・・

ウィンナ・ワルツも、

ウィーンへ行って、はじめて、

こういう感じの踊りなんだ~と思いましたもの。

やっぱり、

その国へ行って、踊ってみるのが、一番かも?


さて、

ポーランドという国。

ポーランドの歴史を振り返ってみても、

よその国に支配され、分裂され、と、

大変苦労が多かった国に思えます。

それだけに、

ポーランドの人は、

自国を愛する強い思いがあるのではないか

と思います。

自国を誇りに思っている国のようにも感じます。

ショパンも、そうであったと。

ロシアからの独立を願いながら、失敗に終わった・・・

余計に、

生まれ育った国に対する思いは、強かった

と思うのです。


そんな故郷での思い出のマズルカ。


特の最後に書かれたこの曲からは、

ショパンの気持ちが、伝わってくるようです。

でも、

聴いていると、とても悲しく感じてしまいます。

寂しさも感じます。

いつか、帰りたいと願っていたのが、

病により、その願いは、

もう叶わないと自分でもわかっている。

その悲しさを表す音が、

もう、かつての強い音ではなく、

弱々しい音になってしまっています。

ショパン自身の気持ちも、

すでに、弱いものになってしまったのだと、

最後に振り絞って出した、

精いっぱいの思い出の音なのだ

という感じがしてきて、

とても悲しい。

聴いたあとに、

あたりがシ~ンと静まり返っているような感じが、

してくるのは、

私だけでしょうか?

永遠のお別れ。

それを感じてしまいます・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ アルトゥール・ルービンシュタインの演奏で
Arthur Rubinstein - Chopin Mazurka, Op. 68 No. 4

↓ ウラディーミル・アシュケナージの
   4つのマズルカ(Op.68-1~4)全曲演奏で
   ( Op.68-4 は、6分12秒ごろから)
Vladimir Ashkenazy plays Chopin Mazurkas Op.68

↓ マリア・ジョアン・ピレシュの演奏で
Chopin - Mazurka Op. 68, No. 4 in F minor (Maria João Pires)

↓ ベラ・ダヴィドヴィチの演奏で
   (最後の音が切れていますが・・・)
(Davidovich)Chopin Mazurka Op.68,No.4

↓ アルフレッド・コルトーの演奏で
Alfred Cortot - Chopin Mazurka, Op. 68 No. 4

↓ Maryla Jonas の演奏で
Maryla Jonas plays Chopin Mazurka op. 68 no. 4


↓ アルトゥール・ルービンシュタインのCD

ショパン:マズルカ集(全51曲)



↓ ウラディーミル・アシュケナージの CD,MP3
   MP3は、
   ディスク2枚目の20曲目になります。

Mazurkas












Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。