09
:
1
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   


プーランク 15の即興曲 第15番 「エディット・ピアフへのオマージュ(Hommage a Edith Piaf)」

こんにちは。

今日も、秋向きの曲をとりあげてみます。


フランシス・プーランク の 

   15の即興曲(15 Improvisations) 第15番 

     「エディット・ピアフへのオマージュ(Hommage a Edith Piaf)」



エディット・ピアフを讃えて、

エディット・ピアフに捧ぐ、

エディット・ピアフ賛、 

といわれることが、多いでしょうか?

オマージュ(Hommage)の意味は、賛辞。


この曲は、

大人が、弾いてみたい!と

思う曲ではないかしら?


とても甘い音色で、

上品な華やかさの中に、

少しけだるさもあり、

切なさもあり、

影を感じさせるものあり。

人が大人へと成長していく中で、

いろいろと経験していって得たものを秘めている曲。

だから、

大人が聴くと、

心に響いてくるものがある曲だと思うのです。


私は、この曲が、

子ども向きの曲ではない、と思っているのですけど、

You-Tube の動画には、

日本人の小学生の演奏がいくつかあったので、

驚いています。

小学生がとても素敵な演奏をされていても、

大人とは、

音の重みがどこか違っているように聴こえてしまうのは、

私だけなのかしら?

 ( やっぱり、私だけなのでしょうね・・・ )


エディット・ピアフといえば、

最近、テレビでも

彼女の「愛の讃歌」を聴くことがありましたけど、

「ばら色の人生」とか、

彼女の歌には、

大人の愛を感じさせるものがあります。

ちょっと好きかなという程度のものではない、

いろいろな複雑な感情を秘めた大人の愛。


しかも、


彼女自身の歌声には、

聴く人に訴える力が強くあって、

そんなところを

私は、すごい!と思っているのですけど、

作曲家のプーランクが、

そんなイメージで作曲したのではないか?

と、思っています。


最近は、

注目を浴びた小学生に倣えといわんばかりに、

我が子に弾かせてみよう・・・と

我が生徒に弾かせてみよう・・・と

思われる親御さん、先生方が、

いらっしゃるのかな?


ピアノって、

本来、

自主的に弾くものであって、

いつから、

誰かの意図で、

子どもが弾かされるものになってしまったのか?と、

不思議に思うのでした・・・


それとも、


今の子どもは、

こういった大人の曲を感覚的に理解できるほど、

大人びてしまっているのか?

世間では、

親と一緒に、夜遅くのドラマを観ているようですしねえ・・・

それで、自らの意志で、弾くのでしょうか?


謎です・・・


( この曲を小学生が弾いてはいけない、

  という意味で、

  書いているのではありません・・・

  どんな曲でも弾いてみようというのは、

  いいことだとも思います。

  でも、

  誰かに倣って、というのであれば、

  ピアノの先生には、

  子どもにおすすめしてほしくないと感じるのです。

  私の子どものころのピアノの先生は、
 
  きっと、こうおっしゃったことでしょう。

  「あなたには、まだはやい」 と。

  年相応かどうかということを考えることも、

  ピアノを弾く上では、 大事ではないか?と

  思うのです。 )


さて、この曲、

なぜか、

私は、絵画を思い浮かべてしまうのです。

美術館で、

1900年前後ごろ(ベル・エポックと言ったらいいかな?)の

名画を鑑賞するときに、

BGMを流すとしたら、どんな曲がいいか?

といわれたら、

私は、この曲をすすめます・・・

歌(メロディー)に、

美しい色彩が見えてきて、

だんだんと人物画が浮かんでくるような感じ。

それがとても切ない感じ。

いい曲ですね・・・


もしよかったら、聴いてみてください。


↓ ガブリエル・タッキーノの演奏で

FRANCIS POULENC -Improvisation for Piano no.15 in C minor (Hommage a Edith Piaf )

↓ ガブリエル・タッキーノのMP3

Improvisation En Ut Mineur ''Hommage ・ Edith Piaf'' FP 176



↓ エリック・パーキンのCD,MP3
   MP3は、ディスク2枚目の25曲目になります。

Complete Works for Solo Piano



↓ エリック・ル・サージュのCD

ナゼルの夕べ ~ プーランク : ピアノ・ソロ作品集



* この曲の楽譜は、 こちら になります。









Web page translation

プロフィール

はじめまして、リーです。(^_^)

一応、音楽ブログです・・・

曲は主にクラシック音楽を
取り上げて書いています。

このブログは専門的な
解説や評論ではありません。
感想を書いています。

最新記事一覧から、または、
トップページからお好きな記事を
選んでお読みください。

時々、思ったことを書いています。よかったら、最新記事一覧から選んで読んでみてください。カテゴリは「雑記」になります。


~無料の楽譜をお探しの方へ~

 ↓ こちらの記事を
   お読みください。
「無料の楽譜をお探しの方へ」


りー

Author:りー

いつもご訪問ありがとうございます。       

最新記事

カテゴリ

フリーエリア

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

月別アーカイブ

アクセスカウンター

まいにちフレーズ



RSSリンクの表示